「三国志」8巻 ~呂布と曹操~ のネタバレと感想と 剛と智の対決!! そして曹操の葬儀…

2019年11月7日

無様なピエロを演じることになった呂布だが董卓には逆らえない
そこへ貂蝉の義父 王允が一計を講じる
そしてついに董卓は死を迎えるのだった
董卓に死を送りつけらのは他ならぬ呂布だった

だから、「三国志」はおもしろい^^

「三国志」8巻 ~呂布と曹操~ を無料で読んでみる^^

 

facebookはこちら

※完全無料漫画は期限がある場合があります。いそげ~~~^^/

「三国志」8巻 ~呂布と曹操~ のネタバレと感想と 

ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてね^^

 

 

↓ 前巻はこちらから

↓ 概要はこちらから

 

「三国志」8巻 ~呂布と曹操~  のネタバレと感想と^^

剛の呂布、智の曹操がついに対決!勝敗は…死ぬのはどっちだ…⁉

 

董卓の死

貂蝉をめぐり対立していた董卓と呂布

董卓は天下統一のため貂蝉を呂布に譲ることにする

結婚式の準備し、貂蝉が来るのを待つ呂布だったが、

しかし、貂蝉の策略により董卓はまたしても貂蝉を自分のもとに置く

無様なピエロを演じることになった呂布だが董卓には逆らえない

なぜなら、董卓と呂布の上下関係ははっきりしていたからだ

そこへ貂蝉の義父 王允が一計を講じる

そしてついに董卓は死を迎えるのだった

董卓に死を送りつけらのは他ならぬ呂布だった

 

呂布は義父に続き、主人である董卓まで殺してしまうんだね~

こういうことすると、義を良しとする世の中にあって反感を買うだけでなく、次に呂布を雇おうとする者もいなくなるっていうことが分からないんだね~

呂布はちょっと頭が弱い…というか先のことを考えて行動するということができないんだね~

これじゃー生き馬の目を抜く当時の中国にあって剛だけでは生きていけないことがわかるし、何より人心を得る大切さというものがわかるね~

 

呂布討伐

世の中を混乱に陥れた呂布を討伐するために選ばれたのは曹操だった

長安にたどり着いた曹操だったが、呂布は董卓軍を深いするうちに長安に火を放たれ都を占拠することができすに国を持たない将軍となってしまった

結果、呂布と対峙することができなくなった曹操だが、大きな収穫があった

それは、呂布討伐に至るまでの行軍中に兵の数が膨れ上がり、その数は百万にまで至るほどなったことだ

こうして曹操は大将軍として自国 兗州(えんしゅう)に戻った

 

呂布ってホントに運のない男だね~

本来なら董卓に代わってトップの座を手に入れることができたのに、得たものは裏切り者の汚名だけ

好戦家としての気性が大きな利益を失う結果となったわけだね

これって、まさに今の世の中でも当てはまることじゃないかな?

敵を作らないこと は世の中をうまく生きていく中で大切なことだよね

味方にできなくても、敵にしない

これに配慮できないと世の中で成功は難しいということだね

まさに歴巣は繰り返すわけだ…

 

曹嵩(そうすう)の死

大将軍となった曹操はやんちゃな自分を見捨てなかった親に孝行したいと思い、父 曹嵩(そうすう)を兗州(えんしゅう)に呼ぶことにした

途中、徐州(じょしゅう)の陶謙(とうけん)は曹操との縁を持とうと曹操の父 曹嵩(そうすう)を手厚くもてなした

出発の際には多くの金銀財宝を土産に渡すほどだった

しかし、曹嵩を県境まで送る際、悪質な部下がその財宝に目がくらみ曹嵩を殺してしまう

怒り心頭の曹操は大義を無視し、私怨のために挙兵する

そんな曹操に対抗したのが公孫瓚(こうそんさん)の元にいた玄徳だった

なぜなら、玄徳は陶謙の人となりを義に厚く信に値する人物と知っていたからだ

そのため、そんな賢人 陶謙(とうけん)がみすみす曹操に殺されるのを見捨てておけなかったのだ

 

おおおっ!曹操 vs 玄徳・陶謙 このカードは見逃せない!

とはいえ、大将軍 曹操に対し玄徳軍はわずか5千…

いくら関羽と張飛がいるとはいえあまりにも分が悪いぞ

この戦い一体どうなるんだ?わくわく~^^

 

曹操 vs 呂布

玄徳はまず、張飛を使者に停戦の書簡を持たせた

曹操はもちろんそんなことに応じる気はない

しかし、曹操の留守をいいことに自国 兗州がなんと呂布に襲われるという最悪の事態が勃発した

曹操は玄徳の停戦提案に乗る振りをして大急ぎで兗州に戻った

そして呂布と対決するのだが、瀕死の大やけど負ってしまう

そこで、「死んだ」と嘘のうわさを流し、葬儀を襲ってきた呂布に対し、逆に罠を仕掛けるのだった

今度は呂布が散々な目に遭い兗州へと逃げ帰ったのだった

 

おおおおおっ~ なんという攻防^^ これも三国志の醍醐味の一つだね~

まさに「攻防」こういう互角の戦いをみるとほんと~~~におもしろいわ^^

智力、戦略、武勇を決しての戦いは読んでるだけで興奮して、一気に読み上げてしまうんだよね~^^

ここでもまた、呂布の好戦的な気性が出てるよね

なぜなら、もう死んだと思ってる曹操に対してわざわざ葬儀を襲う必要ある?

ないっしょ^^;?

徹底的に相手を踏みつぶさないと気が済まないっていうのが呂布の気性なんだってわかるでしょ?

つまり、呂布は戦いに勝つことが目的ではなく、相手を完膚なきまでに叩きのめした爽快感が欲しいんだと思う

それってムダだし、世論の支持も得られないんじゃないかっておもう

そうなると、そこに曹操が気づけばこの戦いは曹操が勝つような気がしてくるね

しかし、最後にはこの戦い一体どうなるんだろ?

そして得体のしれない黒い大群が迫ってくる…いったいこれは…?

次巻を読もう!

「三国志」1冊なんと@324円!!!

ebookjapaさんならこの名作「三国志」がな、な、なんと1冊324円!!!

 

60巻全部そろえても19,440円!!!→こちら^^

 

データだから通勤途中でも出張移動中でも、

 

バスや電車の待ち時間でも、もちろん家でゆっくりくつろぎながらでも

 

いつでも新品のきれいな状態で読めちゃうのは嬉しいよね^^

 

しかもデータだからいっさいスペース不要^^

 

スマホの中に60冊が入ってるって思ってね^^

 

欲しいけどちょっと約2万円はきついかな~(^^;

 

っていう人にもお得なメニューがあるよ^^

 

5冊ずつのバラ売りもあるんだよ^^

 

もちろんお値段据え置きの@324円 5冊でなんと1620円!!!

 

これなら毎月買える金額だし、ちょうど1年で全巻揃っちゃう^^

 

「三国志」は密度の濃い漫画だから繰り返し読んでるうちにあっという間に1か月とか1年経っちゃうよ^^

 

ちなみにマカオンは5回ぐらい読んでる^^;

 

それぐらいおもしろい漫画だし、買って後悔してない漫画^^

 

現在、本を所有している方にもデータでの所有をおすすめします^^

 

ほんとにいつでも読めるっていう安心感スペース不要なのが助かります^^

 

この機会にぜひ購入をお勧めしま~~~す^^

※価格は予期せず変更される場合があります
※感想はあくまでも個人の感想です

無料試し読みOK!

「三国志」8巻 ~呂布と曹操~ を無料で読んでみる^^

 

お得な情報がいっぱい^^

Yahoo運営のebookjapan は安心でお得がいっぱい ^^

PayPayも使えます^^

 

アニメでも楽しみたい方はこちら^^

なんだってー! 動画が31日間 完全無料!!?

 

試し読みはこちらから

「三国志」8巻 ~呂布と曹操~ を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

 

こちらも読んでみてください^^

三国志

Ⅲ 三国志ってどんな漫画なの Ⅲ 横山光輝先生が描いた三国志は吉川英治先生の三国志をベースに描かれています。 三国志は壮大なストーリーなので超簡単にまとめると、西暦180年~280年くらい約100年間 ...

続きを見る

 

-バイオレンス, 泣ける, ヒューマンドラマ, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.