「ザ・シェフ」ネタバレ ダークヒーローのレシピが魂をゆさぶる 完全無料も

2017年8月9日

ザ・シェフのおもしろさはザ・シェフにはベースになる超人気漫画があってクールな味沢の演出を凝らした料理がとても小気味いい。
なんといっても醍醐味は料理を通して織りなされる人間ドラマがおもしろく、料理漫画ではなくヒューマンドラマである
さらに味沢がダークヒーローであることからブラックジャックのパクリと言われるほどである。

「ザ・シェフ」全巻 を無料で読んでみる^^

ザ・シェフってどんな漫画?

ザ・シェフは高額な報酬で料理を作る天才シェフ味沢匠が料理を通して人間の大切なことに気づかせてくれる漫画である。
料理界では「幻の料理人」と呼ばれている。
味沢は画家の父とピアニストの母の間に生まれるが、訳あって孤児院で育つ。
修行の末パリのホテルリッツカールトンの最年少シェフとなる。
しかし、その後、なぜか高額な報酬で、依頼者の要求通りの料理を作る流れの料理人となるのである。

ザ・シェフのここがおもしろい

ザ・シェフにはベースになる超人気漫画がある

ザ・シェフが模した漫画とは手塚治虫先生のブラックジャックである。
これは作者自身も認めている。
原案を模しているとはいえそのアイデア、ストーリーともに秀悦である。
ブラックジャックで人気のあったストーリー構成、アイデアを研究できるため、そういう意味では有利であったかもしれないが、やはり作り手側に技量があるからこそ人気もあるのだろう。

クールな味沢の演出を凝らした料理が小気味いい

味沢匠はブラックジャックと同じく天才的な技術と闇をもつ料理人である。
依頼人の要求が子羊のソテーなど料理名で指定されるときもあれば、むかしお母さんが作ってくれたハンバーグなどと曖昧な場合もある。
味沢は自分の料理を食べる相手の環境、育った境遇、その料理を食べていた時期などからプロファイルして料理を作る。
多くのにひとはその料理に心を揺さぶられるのだ。
そして大切な何かを思い出すのである。

料理を通して織りなされる人間ドラマがおもしろい

ブラックジャックは医療漫画でもあり難病、奇病に対する治療方法を主題とするときもあった。
しかしザ・シェフは毎回読み切りのほとんどが人間ドラマである。
味沢の料理を食べてひとは懐かしい思いに浸り当時の自分を思いだしたり、人の温かい想いに気づくのである。そして新たな決断を下し、考え方を変えたりする。
基本的にハッピーエンドの心の温まる作品である。

料理漫画ではなくヒューマンドラマである

ザ・シェフは料理漫画でありながら他の料理漫画と違い、素材がどうとか原産地がどうとか言うには言うが、食事をする人間に関係がない場合、そこにうんちくはあまりない。
あくまでもヒューマンどらを貫いており、主題は料理ではない。分かりやすく、読んでいてきもちの良い作品である。
味沢はなぜ流れの料理人になったのか?
なぜ高額な報酬をとるのか?
何のために料理をつくるのか?
ぜひ読んでみてください!

Y!だからPayPayでお得に! 特典超多数 (完全無料には期限がある場合があります)

こちらも読んでください

完全無料はこちら(*制限がある場合があります)

-泣ける、ヒューマン