約束のネバーランド 173話 「プリズナーズ」 ネタバレ 人間の方が遥に醜い…

ピーターはおそらく何度も自問自答したのだろう。
その中で、「人間は本当に助ける価値があるのか?」という疑問を何度も何度ももったに違いない。
なぜなら、「人は人を子を殺すから 食べもしないのに...」
それは、鬼よりも愚かな行動に見えただろう。

facebookはこちら

 

↓ こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

↓ 前話はこちらから

 

 

約束のネバーランド 173話 「プリズナーズ」 ネタバレ

ユリウス・ラートリーの呪縛

ジェイムズ・ラートリーはピーターの憧れだった。

自分以上の存在として兄ジェイムズをあがめていた。

その兄が知った真実...

それはユリウスの業...

食用児の祖は「和平に反対した戦争派」ではなく「ユリウスの親友」ほかにも「逃げ遅れた民」も...

その罪を背負って生きなければいけない…それがラートリー家の十字架だった。

それを知ったジェイムズは人として生きることを選んだ。

しかし、ピーターの思考はユリウスと同じだった。

結果、ピーターは兄を裏切り者として自らの手で処分した。

ジェイムズの最後の言葉は「ピーターに済まないと伝えてくれ」だった。

つまり、自分が背負うべき業をピーターに背負わせることへの謝罪だった…

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

人間の世界

「一緒に生きよう」

そういうエマにピーターは、

「鬼などまだ可愛いものだぞ 鬼が食用児にしてきたことなんて… 人間は人間同士ではるか昔から繰り返してきている そう... 人間は人間を食わないのにだ」

そういって、ピーター自分の頸動脈をかっ切った

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

約束のネバーランド 173話 「プリズナーズ」 感想と大考察

人間の醜さ

ピーターは幼少のころはジェイムズと同じように、純粋にユリウスの行いに心酔していたのだろう。

しかし、真実を知り失望したジェイムズと嬉々としてピーター。

二人の思考は大きく分かれたが、ピーターはおそらく何度も自問自答したのだろう。

その中で、「人間は本当に助ける価値があるのか?」という疑問を何度も何度ももったに違いない。

なぜなら、「人は人を子を殺すから 食べもしないのに...」

それは、鬼よりも愚かな行動に見えただろう。

そしてそれは間違く愚かな行動でしかない。

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

「プリズナーズ」

プリズナーは「囚人」という意味だ。

その複数形なので「囚人たち」という意味だ

誰が「囚人たち」?

ジェイムズとピーター?

いや...ラートリー家のすべての人たちが囚人だったのだろう

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

無料試し読みOK!

 「約束のネバーランド」 を読むなら

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

イーブックジャパン ホーム

メアドかyahoo  ID ですぐに無料会員に^^

漫画・アニメはこちらがお得^^

アニメ好きの方はこちらがお得^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。次話はこちらから^^どうぞ

約束のネバーランド 174話 「新しい世界①」 ネタバレ ピーター逝く…「許す」ということ

「ごちゃごちゃ うるせー 悔いがあるなら人間界で晴らせよ 生きてこそ償える罪も 晴らせる悔いもある もういいんだよ もう誰も恨まない 恨んでない だから行こう 大人たちも」 そのレイの言葉に号泣するマ ...

続きを見る

 

こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

-女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ

© 2020 Manga-ya 漫画屋