「殺人オークション」3巻 のネタバレと感想と 組織の手がついに美冬にも

「そうよ私が殺したのよ… 釘を1本1本... すぐに死なないように… じっくりとね 最初から死刑になっていればあんなに苦しい思いをしなくてもよかったものを… 馬鹿なやつ... 土屋が死んで息子も喜んでると思うわ... フフフ...」

だから、「殺人オークション」3巻 はおもしろい^^

「殺人オークション」3巻 を無料で読んでみる^^

facebookはこちら

※完全無料漫画は期限がある場合があります。いそげ~~~^^/

「殺人オークション」3巻 のネタバレと感想と 

ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてね^^

 

↓ 前巻はこちらから

 

 

登場人物

佐伯美冬

警部補。嘘がわかる能力を持つ

 

佐伯蒼葉

美冬の弟。ひきこもり

 

中村

千葉署の刑事

 

田辺圭

赤いオークションのサイト製作者

組織に殺害される

 

赤いオークション

殺し方を落札できるサイト

 

「殺人オークション」3巻 のネタバレと感想と^^

衝撃的な岩田の死...

警察内部に動揺が広がる

しかし、その間も組織は動きを止めない

情報提供者を宗谷と目星をつけていた

その宗谷の隣に母子が引っ越してきた

静かにひっそりと引っ越してきた母子に違和感を持つ宗谷

翌日、会社に二人の刑事がやってきた

「お前が宗谷か?」

美冬と異なりいかにも柄の悪いその刑事たちは情報をすべて出せといい、恫喝し脅迫した

おびえる宗谷...

情報提供を後悔した…

 

この二人って間違いなく組織のスパイだわ~

警察内部で刑事を飼うっていったいどんだけ巨大で強力な組織なんだ~

しかし、こいつらが動いたってことは組織としては岩田の自殺や宗谷の情報提供を早めに抑え込もうって動いたんだね

オークション組織 対 警察 いよいよ対決かーーー?

 

「本当にやっていただけるんですか?」

「もちろんです」

水口と名乗る老女に、そう答えたのはNPO法人代表の阿部だった…

そう、岩谷に二見を殺させたあの阿部だ…

つまり、阿部がオークションの主催者で

水口は殺害依頼者だ

 

うわ!そういうことか

殺害依頼者を阿部が見つけて、その殺し方をオークションにかける

そして、その方法で実際に殺す

そして落札金額を得る

というわけだ

殺されるのは社会的に非人道的な人物のみ

世論からも比較的味方につけやすいというわけだ

しかも、誰も損をしないというわけだ

うまいこと考えるけど...殺人は殺人だ…

 

美冬が拉致されたと聞いて引きこもりの弟 蒼葉がついに部屋から姿を現した

弟の変化を喜ぶ美冬...

危険な目にはあったが、思わぬいいことがあった...

一方、宗谷は隣の母子についてあるうわさを聞いた

それは、旦那が飲酒運転で事故を起こし他人を巻き込んで死亡させたということだ

近所の希望中小から逃げるために、ここへ引っ越してきたということだ

その宗谷の会社にまた、あのクズ刑事がやってきた

「宗谷はいるか?」

逃げ出す宗谷...しかし見つかりつかまる

そこへ美冬と千葉がやってきた

美冬はクズ刑事を追い返す…しかし、宗谷からの信頼はなくなった

困窮困惑する宗谷は家の近くの公園にいた

そこで隣に引っ越してきた娘 彩と出会い心を和まされる

宗谷はこの母子のうわさを思い出す

そして自分もまた事件の被害者であったことを思い出していた…

世の中には罪を犯しても罰を逃れる奴がいる

残された家族からすれば、そんな奴らは殺されても当然だと思っていた

しかし、その犯人にも家族がいるということを知ったのだった

 

まずは蒼葉が部屋から出て来てくれてよかった^^

美冬は嬉しかっただろうね

蒼葉も自分が家族に迷惑をかけていることはわかっていて、それでいながらも家族を愛していたんだね

蒼葉って優しくていいやつなんだと思う

それに彩ちゃんも優しい女の子だね

やっぱり罪は犯人にあってその家族もむしろ被害者なのかもしれないって思った

すべてがそういうわけではないが、

自分の家族がある日突然起こした罪にむしを家族は巻き込まれるからだ

それでもその家族すら許せないのは被害者の気持ちだろう…

 

彩は組織の手によって誘拐されていた

彩の父親は飲酒運転で事故を起こした

そして他人を巻き込んで死亡させた

それが老女 水口の息子だったのだ

水口は同じように子供を殺そうと阿部に依頼したのだった

そのことを知った宗谷...

宗谷の心は揺れるが彩を助けたいと思った

オークションが始った...

あと1時間まりで彩が殺される...

幼い娘ということもあって入札額は1億を超えた…

そして殺し方が決まる…

「高温でドロドロに溶かした金属をぶっかけて全身が金属に覆われて窒息死」

その残酷な殺し方を阻止しようと宗谷が動く…

宗谷のPCは田辺から譲り受けたため特別な機能がある

殺害予定現場をメールで知ると宗谷はそこへ向かった

しかしそこでクズ刑事見つかる…

一方、美冬は宗谷に連絡が取れず、宗谷の家でPCを見つける

そこで殺害予定現場を知る…すぐに現場に向かう美冬と千葉...

「私の苦しみを知りなさい」

そういいながら水口は彩に高温に溶けた金属をかけようとしていた

その時だった

「緊急事態!警察がこちらに向かっている!中止だ!」

クズ刑事以外のスパイから美冬たちが現場に向かったという情報が入ったのだ

そのすきに彩を助けだした宗谷

現場は大混乱...

 

「宗谷さん あなたはよく頑張ったわ」

事態が取集し、宗谷を褒める美冬

「絶対に許せん...! オークションお邪魔をしたのは何という刑事だ」

怒り狂う阿部

 

よかった~~~

ほんとによかった~~~^^

やっぱり家族に罪はないよね

なにも加担していたわけではないから

ほんとによかったわ^^

これで美冬たちと阿部の全面対決だ!

 

阿部は田辺から譲り受けたPCを警察へ提供した

その情報量に喜ぶ美冬

しかし、犯人につながるものはないという宗谷

ただ、落札金額の振込先がおそらく犯人につながっていると宗谷は告げた

そしてその口座はNPO団体のもので代表は阿部義久という男だった

「この男がオークションサイトからたどることができる唯一の人物です」

また、宗谷が現場でみた情報で、

殺害を犯すことができるのは依頼者だということも分かった

「これでやっとひとつつながったわ」

 

おおっ大躍進じゃないか~

これまでやられっぱなしだったのについに逆転か~~?

 

「花田さん あなたが土屋を殺したのね? 調べはついているのよ 白状しなさい!」

美冬の追及に薄笑いを浮かべる花田

「そうよ私が殺したのよ… 釘を1本1本... すぐに死なないように… じっくりとね 最初から死刑になっていればあんなに苦しい思いをしなくてもよかったものを… 馬鹿なやつ... 土屋が死んで息子も喜んでると思うわ... フフフ...」

 

家に戻った美冬は気分転換に休みを取ったことを蒼葉に告げた

そういうと蒼葉は美冬に頼みごとがあるという

それは散歩だった

久しぶりの外出...

外が怖かった蒼葉は美冬に同伴を頼んだのだった

「外ってこんなに気持ちよかったっけ...」

学校の近くから吹奏楽部の練習している音楽が聞こえる…

「カノンっていい曲だよ あの娘が好きだった曲だ…」

(あの娘…?)

蒼葉の言葉に疑問を持った美冬だった

 

仕事に戻り殺人オークションに追及する美冬

そこへ緊急の連絡が入る

「佐伯警部補! あの... 落ち着いて聞いてください 弟さんが 遺体で発見されました...」

「えっ...?」

 

うわっ!うーわー!

なんていう展開なんだ

阿部が仕返しのために蒼葉を殺害したに違いない!

でも、蒼葉は関係ないだろ!

これってもう、無差別殺人と同じじゃん

この阿部ってやつはキチガイだ!

この後いったいどうなる???

早く読みたーーーい^^

 

登場人物:ほんとうの姿…

佐伯美冬

警部補。嘘がわかる能力を持つ

 

佐伯蒼葉

美冬の弟。ひきこもり

美冬を心配し快方に向かう

 

中村

千葉署の刑事

 

百瀬愛菜

顔を焼かれて全裸で発見された被害者 如月エレナという芸名でAV女優

 

田辺圭

赤いオークションのサイト製作者

組織に殺害される

開発PCを宗谷に託す

 

赤いオークション

殺し方を落札できるサイト

 

阿部義久

表の顔はNPO法人代表だが実はオークション運営者

法で裁かれない犯人に強い恨みを持つ

 

無料試し読みOK!

「殺人オークション」3巻 を無料で読んでみる^^

 

お得な情報がいっぱい^^

Yahoo運営のebookjapan は安心でお得がいっぱい ^^

PayPayも使えます^^

 

アニメでも楽しみたい方はこちら^^

なんだってー! 動画が31日間 完全無料!!?

 

試し読みはこちらから

「殺人オークション」3巻 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

「殺人オークション」4巻 のネタバレと感想と 真犯人は超意外...読めばわかる^^

生きながらにしてどこにいても殺人者として認識させてやる^^ 罪を犯してるのに償わないなら、罪を公開し檻のない社会というなかでいつだれに襲われるかもしれないという恐怖のなかで四六時中怯えさせてやる SN ...

続きを見る

 

こちらも読んでみてください^^

「ROUTE END」1巻 ネタバレと感想 超猟奇殺人 思わず「はまる」おもしろさ。

十歳の時母が首を吊った。 十歳の俺は母の生きる理由にはなれなかった。 十歳の時から俺はそう思って生きている。 『エンド』と呼ばれる連続バラバラ殺人鬼。 その異様な殺人方法と自己顕示欲の強い死体遺棄はま ...

続きを見る

-サスペンス, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ

© 2020 Manga-ya 漫画屋