「落日のパスト」2巻 のネタバレと感想と ついに秋のあ〇こに触れるまこと…

2019年4月25日

「オ〇ニー... した…の...?」部屋に戻るなり秋が自分の声で「した」ことに興奮しトイレでオナ○まことだった。「アキくんが…ッ んッ 私の... あの声...でっ ---ッ 私のこえ... あんな あんなに...かわいい顔して んっ 私のエッチな声聞いて おちん○んを握って オ〇ニーしてるんだ...っ」

だから、「落日のパスト」2巻 はおもしろい^^

「落日のパスト」2巻 のネタバレと感想と 

今日、紹介するのは、「落日のパスト」2巻 です。

ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。

↓↓↓↓↓

「落日のパスト」2巻 を無料で読んでみる^^

 

↓ 前巻はこちらから

 

「落日のパスト」2巻 のネタバレと感想と  読んでみた感想

今回はまことがついに知ってしまう^^

 

自分のあの時の声を秋に毎日…そう毎日聞かれていたことを。

 

しかし、だ。

 

まことはそのことに異常に興奮するんだね~

 

いや~これってさ、羞恥心が快感に変わってるんだよね~

 

まぁ、びみょーに変態なんだわね~^^;

 

変態の定義はないから、これぐらい普通って言う人もいるけどね^^

 

ところが、さらに見られることを想像して濡れちゃうって…どうおもう?

 

マカオンはそう言うの大好きだけどね^^;

 

つまりこの2巻ではまことと秋のふたりの距離はグッと近くなる^^

 

みるだけからお触りに発展^^

 

しかし、あまりまことに罪悪感みたいなものは感じないんだよね~

 

っていうことはまことは背徳感よりもセ〇クスへの...そして秋の若い肉体への興味の方が相当に強いってことだ^^

 

そこにまさみが割って入ってきて、まことは秋に軽く嫉妬しはじめる

 

これって身体だけじゃなく感情も?

 

さわりたいって言う秋に、制御が効かないまこと^^

 

もしかするといよいよ💓か~~~

 

ということは…3巻が楽しみすぎる~~~

 

「落日のパスト」2巻 を無料で読んでみる^^

 

「落日のパスト」2巻 のネタバレと感想と  今回のストーリー

「なんだ 今日はまたずいぶん… そんなに… おっ 激しくして…」

 

「久しぶりだし…っ わたしっ... …っ …あなた… お願いもっと…--- はっ は… はっ 少し… んっ は はっ たまには... あっ 私にも... ああっ して...ッ たまんない...ッ これっ やだっ... 声が…ッ あーーー

 

「おいおい すごい声だな おとなりまで聞こえちゃうんじゃないのか」

 

(そんなの そんなこと どうでも となりがどうとか そんなのっ 声なんて―――)

 

その時…まことはすべてを悟った…

 

自分の声が…隣からまさみの声が聞こえたように…自分の声も筒抜けになっていたことを...

 

そして、これまで秋がすべてを知っていて何も知らないふりをしてくれたことも理解した。

 

酒の力を借りよう^^

秋に聞かれていたのかどうかを確認したいまことは酒のちからを借りることにする^^

 

そして、確認は終わった^^

 

「おにいさん 焼酎ストレートで でかいグラスに…山盛り」

 

帰り道、自己嫌悪に陥るまことに、秋はまことの声で自分も何度も逝ったことを正直に告白した

 

「オ〇ニー... した…の...?」

 

部屋に戻るなり秋が自分の声で「した」ことに興奮しトイレでオナ○まことだった。

 

「アキくんが…ッ んッ 私の... あの声...でっ ---ッ 私のこえ... あんな あんなに...かわいい顔して んっ 私のエッチな声聞いて おちん○んを握って オ〇ニーしてるんだ...っ」

 

まことはそう思いながらからだを痙攣させ…絶頂をむかえた

 

停電

ある雨の日、洗濯物を取込んでいない秋の部屋…

 

おかしいと思い秋の部屋へ行くとドアは空いていた。

 

心配して秋の部屋に入るまこと…

 

そこで見たのはふろ上がりのパンツ1枚の秋の姿だった。

 

その時、雷で停電に…

 

動きの取れないふたりは自然と身体を寄せ合ったが、雨でずぶ濡れのまことを気遣い秋は自分の服を貸すから隣の部屋で着替えるように言った。

 

真っ暗な中で、濡れたシャツを脱ぎ、ブラを解き、初夜を思い出すまことだった。

 

真っ暗ではあるが、まことには秋のシルエットがぼんやり見える...

 

(アキくん きみの好きな… 私の… 私の おおきな おっぱいだよ)

 

そうおもいながら、おおきな胸を秋に向けた。

 

おとこの人のアレって…

灯りが戻って秋が買い物に行って戻るとまことは秋の部屋に合ったえっちな本をまじまじと読んでいた。

 

「先生…?」

 

「えっ あっ ごめん ちょっとここにあった雑誌読んでた…」

 

「ちょっとエロがきつい方のですねー」

 

実はそれは秋の作品だった^^

 

秋はエロ漫画の卵だったのだ^^

 

お酒が入って、まことは自分の知らない秋をみて驚くばかりだった。

 

「ねぇ さっきのマンガで いくつかあったんだけど おとこの... ひとの... アレ…って あんなに まっすぐ 真上を向くもの...?

 

つまり、まことの旦那は高齢のため勃ちが悪いのだ^^;

 

しかし、夫としか知らないまことはそんなことすら知らないという訳だ。

 

「えと… わりと 真上向くのは …珍しく ない…かなーとか」

 

「...ねぇ… じゃあ アキくんのは どうなの? アキくんのは…上… …向く…?

 

秋は恥ずかしそうに 

 

「まぁ… わりと…」

 

ふたりのあいだにおかしな空気がながれる

 

まことの手が伸びる...そしてそれは秋の股間に…

 

「やだ... アキくんのが… 全然 堅い…」

 

嫉妬

秋のためにご飯を作ってきたまこと

 

そのときまさみがやって来た

 

咄嗟のことで秋はまことを隣の部屋に隠す^^

 

まことの作った料理と知ってか知らずかまさみはその料理を食べたいと言い出す。

 

「あっ そういえばあれからどうなりました? ほら!私がシャワー借りたとき聞こえてたじゃないですか 発情期のネコの声! すっごいの聞こえてましたよねー!!」

 

娘!! いや落ち着け私...)

 

秋と一緒にご飯を食べたかったのに、彼女でもないという女に自分の料理をお気に入りの秋と食べられ、しかも発情期のネコとまで言われ怒り心頭のまことだ^^

 

まさみが帰った後、秋ともめるまこと^^

 

そして流れでふたりで海に行くことになる^^

 

まことのエロい水着姿を見て興奮がとまらない秋

 

「先生…すごい… エロい... ぼくは保健室で… 先生のシャツ越しの...胸を...見たときから… ふ...ふれてみたくって…」

 

「...そ そんなの… だめよ… だって… アキくん...に 触れられたら… わたし… … す... すこしだけ…だよ?

 

「落日のパスト」2巻 を無料で読んでみる^^

 

無料試し読みOK!

「落日のパスト」2巻 を読むなら

今回紹介した

 

「落日のパスト」2巻 を無料で読んでみる^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです^^

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

こちらからすぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある んです^^

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!!

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

登録するだけで無料で読めるかも^^

 

1冊完全無料で読みたい方はこちらから^^(価格上限あり)

 

試し読みはこちらから

 

「落日のパスト」2巻 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

「落日のパスト」3巻 のネタバレと感想と 手〇きでイク⁉ まさみの反撃開始! どうなるこの三角関係^^

まことはたった今まで秋のモノを握っていた手を自分の股間にのばした片方の手は秋のモノをにぎったままだクチュ クチュ ヂュル ズチャ「や…だ... アキくん… 見ちゃ... だめ… 見ない...で…!!  ...

続きを見る

 

こちらも読んでみてください^^

「5時まで待てない」1巻 のネタバレと感想と 男子諸君!これはもう電子コミックだろ^^

「あ はぁあんっ」「こんなにケツもちあげて どんだけエロいんだよお前ッ」「はひ いい… いいのぉ… はあん あ はっ」「ほら 自分で開いてみろよ」その言葉に、お尻を突き出した状態で自らお尻を掴み秘密の ...

続きを見る

 

-ときめき, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.