「ヒル」1巻 のネタバレと感想 あなたの部屋は大丈夫? 他人の部屋で暮らす特殊なひとたち。

2018年9月29日

 

「ヒル」1巻 のネタバレと感想 

 

こんにちは^^ マカオンです。

 

今日、紹介するのは、今井大輔 先生の

 

「ヒル」1巻  を紹介します。

 

他人の家を渡り歩く人間。

 

といっても友人宅を渡り歩くわけではない。

 

他人の家を渡り歩く。

 

そんな不法滞在者を「ヒル」1巻 と呼ぶ。

 

ぜひ、紹介文を読んだり、試し読みしてみてください。

↓↓↓↓↓

「ヒル」1巻 を無料で読んでみる^^

「ヒル」を無料で読んでみる^^

 

↓↓↓↓↓ 今井大輔 先生の「SEED」をまだ読んでない方はこちらから^^ ↓↓↓↓↓

 

「ヒル」1巻 のネタバレと感想 ヒルとして生きる

「私には7つの家がある。でも帰る家は何処にもない。」

 

「行ってらっしゃいOLさん」

 

(電気メーターは回ってない。生活音もなし)

 

そう見送って、アパートの鍵を開ける。

 

「おじゃましまーしゅ」

 

勝手に部屋に上がり込み、手慣れた要領でお湯を出してシャワーを浴びる。

 

「さっぱりぃ」

 

シャワーを浴び。すっきりしたところでテレビのニュースを聴きながら化粧水をつける。

 

(CD作ろ)

 

そう言って部屋を出る。

 

そして別の部屋の鍵を開ける。

 

「うへっ、タバコ臭!」

 

CD-Rを焼いていると

 

「ガチャ」

 

鍵穴ににカギを挿れる音がする。

 

(あちゃ)

 

「うわっ! きったな~ もう…」

 

と女の声。

 

(朝の9時にわざわざ来て掃除。合鍵保有者。この部屋の住人に姉妹はいないはず。この人も調べてみないとだね)

 

そう思い、そっと部屋を出ていく。

 

OLの部屋に戻り、ベッドに横たわる。

 

(私には7つの家がある。帰る家は何処にもない。誰も私の居場所を知らない。私は安らな孤独だ)

 

そして、まどろみながら深い眠りにつく。

 

その姿を見下ろしている男…

 

目が覚めた時、

 

「キミもヒルなんだね。サクラさん」

 

その文字を見て、販社的に飛び起きる少女。

 

あたりを見回し、だれもいないことを確認する。

 

(なに…⁉ 私を知ってる…⁉ キミ『も』…❓ ヒル…❓ ヒルって…何…⁉)

 

  めっちゃこわい(><

ヒルってなに?

で、ヒル同士のバッティング?

なんだよ、それ~~~(><

もし、もし、本当にヒルがいたなら

帰宅したときに、自分のベッドで見知らぬ誰かが死んでいるかもしれないってことだろ@@;

うっわー、なんだよそれ。

でも、たしかに鍵なんて今どき、xxxxxxxすれば複製できるからね。

(一応セキュリティ上明言しません)

 

一旦、OLの部屋を出て、お茶をする。

(問題は…私を知られたコト…! 誰…? どこまで知られてる?)

(私が死んだことも知ってるのか…?)

 

えっ?

どういうこと?

戸籍上死んだことになってるってこと?

だからヒルになるしかないってことか?

でも、戸籍は復活できるよね。

ってことは戸籍を復活させたくない訳があるってことだ。

ということは、家族との折り合いが悪いってことかな。

しかし、いくら若いって言っても戸籍がないってことは

将来的に恐ろしく不安があると思うけどな。

よほどつらい体験したのかも…

 

「ヒル」1巻 を無料で読んでみる^^

 

 

「ヒル」1巻 のネタバレと感想 少女の正体と男の正体

少女の名前は佐倉葉子。

 

家を飛び出し唯一頼れる元カレのところへ行く途中、

 

あろうことかバスに置いてきぼりを食らった。

 

しかし、あろうことかそのバスが事故に遭い乗客は全員死亡。

 

佐倉葉子は死人となった。

 

そして男は、葉子と中学の同級生、月沼マコト。

 

「オレ自殺したの中3の時だから5年振り?」

 

いやいや、ということは、ふたりとも戸籍を抹消された生ける死体ってことかよ(><

それってどうなんだよ。

戸籍回復しないってなんで???

医者にもかかれない、将来の不安ありあり。

ある意味、死よりもつらい生き方でしょ?

若さゆえの暴挙としか言いようがないね。

 

「ヒルって何?」

 

「不在の家を渡り歩いて他人のもので生活する…。いまの君がヒルだ。」

 

「ヒル」1巻 を無料で読んでみる^^

 

「ヒル」1巻 のネタバレと感想 思ったこと

読み進めていくうちにヒルという闇社会で生きていく人間たちの生態や葛藤、希望、絶望、虚無といった

 

比較的マイナスのイメージが強くなる。

 

それはもちろんそうに違いない。

 

なぜなら、ヒルたちには憲法や法律で守られた生存権という人間が本来有する権利を放棄したのだから。

 

殺されても、のたれ死んでもなにも変わらない。なにも思わない。

 

それこそヒルという他人の生き血を吸って生ける害虫が1匹死んだところで気持ち悪がりはするが、

 

だれが悲しむだろうか?

 

そういう、ダークな部分をもっと強く描けばこの作品歯ぐっと引き締まるとおもが、

 

現段階では、そのことが描かれていても感情移入できない構成になっていると感じる。

 

なぜかというと、ストーリー展開に深みがなく、「なんで。そんな行動とるの?」

 

「え? こうなるかな~?」などといったちょっと理解に苦しむ場面が多いからだ。

 

身近に潜むよう恐怖という発想が面白いだけにもっともっと熟成してほしかった。

 

「ヒル」1巻 を無料で読んでみる^^

 

無料試し読みOK!

「ヒル」1巻 を読むなら

今回紹介した

 

「ヒル」1巻 を無料で読んでみる^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

試し読みはこちらから

 

「ヒル」1巻 を無料で読んでみる^^

 

-ヒューマンドラマ, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.