完全無料で読みたい方はこちらから^^

※600円まで ※31日以内の解除でまじ0円

「火傷少女」3巻 のネタバレと感想と それぞれの家族とそれぞれのキモチ

投稿日:

「火傷少女」3巻 のネタバレと感想と 

今日、紹介するのは、

作画:里見 有 先生、原作:貫 徹 先生の

「火傷少女」3巻  です。

ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。

↓↓↓↓↓

「火傷少女」3巻 を無料で読んでみる^^

「火傷少女」3巻 を無料で読んでみる^^

 

 

↓ 前巻はこちらから

 

 

「火傷少女」3巻 のネタバレと感想と  ここがおもしろい

「死を楽しむ」

 

「死にたい」

 

「生きたくない」

 

そこにあるのは絶望、憤り、あるいは幸福

 

「後悔しない死」とはどのような死なのだろう?

 

それぞれの心の奥にある本当の想いに直面させられる登場人物たち

 

それはあなたの心の奥底にもある想いかもしれない。

 

それに気づいた時あなたはどうする?

 

それを知らしめさせられる…だから火傷少女はおもしろい

 

「火傷少女」3巻 を無料で読んでみる^^

 

「火傷少女」3巻 のネタバレと感想と  今回のストーリー

カナメがははのことで休んでいる間に、カエデとシイナは急接近する。

 

ふたりは親交を深めていく。その一方でカナメにも変化が…

 

逢﨑家

母の自殺で父ナツメの家に引き取られたカナメ。

 

その家には後妻のすみれ、腹違いの姉 カオルがいる。

 

性欲を充たし合う父と後妻。

 

「あの二人は自分たちしか見えていない」とカナメに妙になつくカオル。

 

とにかくカナメの環境は大きく変わった。

 

そこには「死ね」という母親ではなく家族があった。

 

姫野鶫(つぐみ)と逢﨑要

カナメはたばこ男=姫野鶫であることを確認し、自分の疑問を正直にぶつけてみた。

 

「僕の母を殺したのはツグミさんですか?」

 

そのことはきっぱり否定し、

 

「人生を楽しみたい 正確に言えばいろんな死を見たいんだ だからシイナみたいな存在はとっても貴重なわけ 言っとくけどシイナの死にたがりは俺と出会う前からだからね」

 

遠吹カエデと父

カエデは父の制処理道具であった。

 

カエデの首を締めながら犯し「ツバキ… ツバキ…」と蒸発した妻の名を叫んだ。

 

そればかりか暴力振るい、カエデの身体にはいつも生々しい青あざがあった。

 

熊沢アイリ

シイナの幼なじみでシイナを普通の女の子にしたいと思っているが、

 

実際にはシイナを独占したいだけの利己主義者

 

自分の元を去りカナメとばかり仲良くするシイナ。

 

カナメに激しく嫉妬していじめの対象にする。

 

それでも状況が変わらないことに次はカエデをカナメを付き合わせてシイナを取り戻そうとするがいずれも失敗する。

 

むしろ、シイナ、カナメ、カエデとは観念がちがうという現実を突きつけられる

 

シイナの死

「いつになったら死ぬの?」

 

「…カナメは私に死んで欲しいの?」

 

一度しかできないから我慢する

 

「『死んでもいい』なんて一生思わないよ 私が思うのは『死にたい』だもん」

 

ツグミの指摘 カナメの動揺

カナメは向井野小学交でカラスを殺そうとする。

 

「君がしようとしているのはただの虐殺だ なにも生まない」

 

そう言ったのはツグミだった。

 

ツグミはそう言いながらカラスを握りつぶした。

 

「こいつの未来はぼくが決めたんだよ 君はつまらないね」

 

ツグミはさらに続けてカナメの母のことを口にした。

 

そのことに逆上したカナメはツグミをつかみにかかる。

 

それをかわしツグミは言った

 

「そろそろ気づきなよ 君はシイナとは違う ただ自分の惨めな環境に酔ってるだけの 救えないかまってちゃんだ」

 

同じころ…シイナは…

 

「よし、決めた! この日に死のうっ♡」

 

 

「火傷少女」3巻 を無料で読んでみる^^

 

「火傷少女」3巻 のネタバレと感想と  読んでみた感想

今巻では、カナメ、カエデ、シイナそれぞれの家庭と家族が登場する。

 

つまり、彼らが今の思考に至った背景を描き出しているのだ。

 

わたしたちに「こういう家庭環境ならこう考えるよね…さすがにこれはきついわ」

 

それはカエデとカナメの家庭だ。

 

シイナの家庭は幸福そうなのに死を楽しむという発想の原点が分からない。

 

しかし、だからこそ、シイナは純粋に死を楽しみたいのだということもわかるのだ。

 

そしてツグミの言った「君はシイナとは違う」「救えないかまってちゃんだ」

 

指摘された自分の本質にカナメはどう反応していくのか?

 

さらに命を絶つ日を決めたシイナは?

 

「火傷少女」3巻 を無料で読んでみる^^

 

無料試し読みOK!

「火傷少女」3巻 を読むなら

今回紹介した

 

「火傷少女」3巻 を無料で読んでみる^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

試し読みはこちらから

 

「火傷少女」3巻 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

現時点での最新レビューです^^

2019/2/14

「100万円の女たち」4巻 のネタバレと感想と ついに真犯人と真実にたどりつく…

開奈々果だけでなく惨劇はまだまだ続いた。 一体犯人はだれなのか? そして、なんのために? すべての謎を解き明かされる... しかも、それだけでは終わらない... だから、「100万円の女たち」4巻 はおもしろい^^ 「100万円の女たち」4巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「100万円の女たち」4巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「100万円の女たち」4巻 を無料で読んでみる^^     ↓ 前巻はこちらから   「100万円の ...

続きを読む

2019/2/14

「100万円の女たち」3巻 のネタバレと感想と 急展開!道間と5人の女たちになにかが起こる!!

この作品の良いところは粗い描写の画風なのに妙にリアリティのあるところだ。 登場人物たちの言葉には重さがありしっかりとした現実の裏側がそこから垣間見える。 それが、私たちの興味を惹き、共感を起こし、この作品にのめり込んでいく原因なのだろう。 だから、「100万円の女たち」3巻 はおもしろい^^ 「100万円の女たち」3巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「100万円の女たち」3巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「100万円の女たち」3巻 を無料で読んでみる^^ ...

続きを読む

2019/2/14

「100万円の女たち」2巻 のネタバレと感想と こうして5人の女たちはやって来た...

「100万円の女たち」2巻 は2/21まで完全無料で読めます^^ 女たちは誰か分からない招待状によって自分の意志でこの家に来たわけだ。 しかし、それがなぜかはまだ分からない。 え? そこ大事なのかって? 大事なんです^^ なぜなら、家賃が100万円なんです^^; だから、「100万円の女たち」2巻 はおもしろい^^ 「100万円の女たち」2巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「100万円の女たち」2巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「100万円の女たち」2巻  ...

続きを読む

2019/2/14

「100万円の女たち」1巻 のネタバレと感想と 100万円の家賃を払う謎の5人の女たちと売れない小説家

「100万円の女たち」1巻 は2/21まで完全無料で読めます^^ しかし...しかしだ、一気に読込むほどのめり込む作品だった これスゲー作品だわ ストーリーの緩急が素晴らしい ふわふわした作風でスローな展開かと思いきや、核心に触れる部分では一気にスピード感をもってそして切り込んでくる だから、「100万円の女たち」1巻 はおもしろい^^ 「100万円の女たち」1巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「100万円の女たち」1巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「10 ...

続きを読む

2019/2/12

約束のネバーランド 122話 「本心」 ネタバレ 鬼との共存の解決策を考えてみた^^

私たち人間も食べないと死んでしまう その為に牛や豚を殺す 牛や豚に知能があれば人間のいないところへ行きたいと思い 人間と闘おうとするだろう しかし、私たち人間のなかには、肉も野菜も食べない人も存在する     ↓ こちらも読んでみて下さい^^ 約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN   ↓ 前121話はこちらから     約束のネバーランド 122話 「本心」 ネタバレ  「ボス」としてのノーマン 部下のヴィンセントに「つまらん もういつものボス ...

続きを読む

2019/2/10

「シグナル100」4巻 のネタバレと感想と 壮絶な殺し合い...最後の生き残りは誰だ…

ついに完結をむかえた「シグナル100」 壮絶な殺し合いが繰り広げられたうえにどんでん返しの連続に読みふけってしまった^^; それだけ面白い作品ということだ 読み終えた後「いや~よく考えてあるなぁ~ 終わりもきっちり締まっていたし流石だわ^^」 だから、「シグナル100」4巻 はおもしろい^^ 「シグナル100」4巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「シグナル100」4巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「シグナル100」4巻 を無料で読んでみる^^   ...

続きを読む

2019/2/8

「シグナル100」3巻 のネタバレと感想と 裏切り、ワナ、どんでん返し…あらゆる策謀が生徒を襲う

  だから、「シグナル100」3巻 はおもしろい^^ 「シグナル100」3巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「シグナル100」3巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「シグナル100」3巻 を無料で読んでみる^^     ↓ 前巻はこちらから     「シグナル100」3巻 のネタバレと感想と  読んでみた感想 このシグナル100は全4巻だ。   全4巻…4という数字は(アメリカではラッキーナンバーだけ ...

続きを読む

2019/2/7

「シグナル100」2巻 のネタバレと感想と 裏切者がいる⁉ もう、誰も信じられない...

友情や信頼と言ったものが、いやいや理性が吹っ飛ぶ環境で わずかな希望を与えることで殺し合いを誘発させるわけだね~ 姑息というか卑怯というか実にうまいというか 人間心理をよく突いている~ だから、「シグナル100」2巻 はおもしろい^^ 「シグナル100」2巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「シグナル100」2巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「シグナル100」2巻 を無料で読んでみる^^     ↓ 前巻はこちらから   &nb ...

続きを読む

2019/2/6

「シグナル100」1巻 のネタバレと感想と なにをすると死ぬのか分からない恐怖...100の合図は一体なんだ

宮月新 先生と言えば映画かもされた、代表作に「不能犯」を誇る名原作者です。 そして、作画の近藤しずく先生は当ブログでも圧倒的な人気を誇る「監禁婚」の作者さんですよね~ この協力タッグでこの「シグナル100」がおもしろくないわけがない^^ だから、「シグナル100」1巻 はおもしろい^^ 「シグナル100」1巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「シグナル100」1巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「シグナル100」1巻 を無料で読んでみる^^   &n ...

続きを読む

2019/2/5

約束のネバーランド 121話 ネタバレ 「よかったね」 やはり消えないノーマン裏切り者説

大量の食事に農園の破壊工作 いくらノーマンが切れ者としてもうまくいきすぎのように思う なぜなら、うがった見方だが、めったに部屋から出ないということは 逆に言えば、...   ↓ こちらも読んでみて下さい^^ 約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN   ↓ 前120話はこちらから     約束のネバーランド 121話 「よかったね」 ネタバレ エマの戸惑い 「もう 逃げなくていい 鬼世界に全食用児の楽園を築こう」   そのノーマンのl言葉に歓声が上 ...

続きを読む

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで受信できます。
いろんな漫画情報をお届けしまーす^^
もちろん無料ですよ^^

1,028人の購読者に加わりましょう

-サスペンス, ヒューマンドラマ, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.