「東京アンデッド」(下)巻 のネタバレと感想と 

2019年7月31日

「結花… ママはね… もうじき… ママじゃなくなるの… お兄ちゃんの言うことちゃんと聞くのよ… 翔太… 結花… パパとママのところに生まれてきてくれてありがとう… 二人がいてくれるだけで…ママは…幸せだったよ… 神様… この子たちに… どうか…幸せな人生を送らせてください…」
だから、「東京アンデッド」(下)巻 はおもしろい^^

「東京アンデッド」(下)巻 を無料で読んでみる^^

facebookはこちら

※完全無料漫画は期限がある場合があります。いそげ~~~^^/

「東京アンデッド」(下)巻 のネタバレと感想と 

ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてね^^

 

↓ 前巻はこちらから

 

 

「東京アンデッド」(下)巻 のネタバレと感想と^^

いよいよ…というか最終巻になります。

このブログでは勝のストーリーに絞って紹介させていただいています。

本来、上巻にはあるマンションの自治会のストーリー、そしてこの下巻にはゾンビが発生した日のあるオフィスビルのストーリーも盛り込まれています。

下巻の勝のストーリーがマカオンにはとても響いたので^^ ぜひ読んでいただきたいと思い紹介させていただいてます^^

 

「ママぁー」

 

「ママは奴らに噛まれてしまったわ 聞きなさい翔太! 食べ物をとってきたわ少しでも長く持ちこたえられるよう小分けにしなさい」

 

「わかったよー」

 

「大好きよ結花っ 泣かないで 翔太もよ! 二人とも愛しているわっ!! ママは外に出るわ 翔太…鍵を閉めて…チェーンもするのよ」

 

「ママぁ 外に出ないで ゆかっままと一緒―――」

 

「ガチャン!」… 扉が閉まる…

 

扉の向こうから母親の声が聞こえる…

 

「結花… ママはね… もうじき… ママじゃなくなるの… お兄ちゃんの言うことちゃんと聞くのよ… 翔太… 結花… パパとママのところに生まれてきてくれてありがとう… 二人がいてくれるだけで…ママは…幸せだったよ… 神様… この子たちに… どうか…幸せな人生を送らせてください…」

 

その日から子供たち二人だけの生活が始まった…

 

幼い結花は外へ出るときかず翔太を困らせた…

 

食糧は周大が分けた。

 

しかし、結花が寝ている間にも食べてしまう翔太。

 

そのことに自己嫌悪し結花に打ち明ける。

 

素直に翔太を許す結花。

 

ある日、外を見ていた翔太は人間を発見する!!!

 

「人だ! 人がいる!! おおおい―――― 助けて―――」

 

「ガキィ――― 食いもんはあるか―――!!」

 

「なっ ないです――― 妹もいるんです! 二日何も食べてないんです―――」

 

「ほっ⁉ 妹は何歳だ❓」

 

「は?… よっ 4歳になりました―――」

 

「ハッ!残念だったなガキィ 4歳にゃ興味はねえ! このご時世だ悪く思うなよ じゃーな!」

 

「!? まっ待って――― どうして!? ぼくら死んじゃうよ! 待ってー!」

 

この孝司って男はほんとクズ!!!

こんな男早く死ねばいいのに! マジでそう思う!

でも、自分が孝司の立場だったらこんなお荷物連れていけるだろうか?

マカオンはきれいごと言ってるだけじゃないだろうか?

確かにこんなシチュエーションはありえないけど、日常的に例えば電車で子供に席を譲る自分はいない。

そうれなのに終末期だからという極端な理由で孝司を批判するマカオンがいる。

それってどーなのよ?

終末期でもない日常で席も譲れない人間が、終末期になるとゾンビだらけの中、子供をかかえて脱出できるようになるのか?

ありえないでしょ…そんな見方をするとマカオンという人間は本当にエゴイストなんだなって思ってしまう…

 

12月31日…

 

「もう楽になろうな 結花…」

 

死を決意する兄妹…

 

そのとき大音量で音楽が鳴り響く…

 

「生きている人たちがいる 勇気づけてくれたんだ 結花! 頑張ろう」

 

そして翔太は生きている人間に向けてマンションのベランダに大弾幕を作った。

 

そこには…

 

『1月1日 あけましておめでとうございます 兄弟でいます!』

 

と書かれていた。

 

さらには

 

『1月3日 あけましておめでとうございます 兄弟でいます!』

 

とした。

 

これは日付をリアルタイムにすることで、生きていることを証明しているのだ。

 

しかし、助けは来なかった…

 

栄養失調になりかけ意識朦朧の結花…

 

「ママ… ママ…」

 

そう言いながら、ドアを開けてしまう…

 

身体の小さな結花はドアチェーンの隙間からゾンビに引っ張り出されてしまう…

 

「結花ぁああ―――!!」

 

幼いながらも失望感に浸る翔太…

 

「うぇぇぇぇん お兄ちゃん…」

 

結花の声が聞こえる…

 

「結花ぁ!」

 

「お兄ちゃああん―――」

 

意を決した翔太はバットを振りかざし外へ出る…

 

そしてバットを勢いよく振り下ろした…

 

「ガキィン」

 

翔太のバットを制したのは…

 

勝だ!

 

「安心しろ 妹は噛まれていない… 母親か? …やさしいなお母さん」

 

そこにいた結花と翔太の母親は…

 

このラストをぜひ読んでほしい^^

 

無料試し読みOK!

「東京アンデッド」(下)巻 を無料で読んでみる^^

 

お得な情報がいっぱい^^

Yahoo運営のebookjapan は安心でお得がいっぱい ^^

PayPayも使えます^^

 

アニメでも楽しみたい方はこちら^^

なんだってー! 動画が31日間 完全無料!!?

 

試し読みはこちらから

「東京アンデッド」(下)巻 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

完結しました^^

 

こちらも読んでみてください^^

「シグナル100」1巻 のネタバレと感想と なにをすると死ぬのか分からない恐怖...100の合図は一体なんだ

宮月新 先生と言えば映画かもされた、代表作に「不能犯」を誇る名原作者です。 そして、作画の近藤しずく先生は当ブログでも圧倒的な人気を誇る「監禁婚」の作者さんですよね~ この協力タッグでこの「シグナル1 ...

続きを見る

 

-ホラー, バイオレンス, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.