「君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる」 ネタバレ デスゲームでわかる人の本性

2018年3月2日

タイトルからすると、姉弟もののサスペンス系かなっておもったら、ぜんっぜんっちがって、ファンタジー系デスゲーム
悪の要請が笑顔で「殺し合え^^」っていうところが中途半端じゃなく実に良い^^

「君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる」1巻 を無料で読んでみる^^

===>無料試し読み 君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる~

「君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる」 はこんな漫画です。

この漫画の面白いところは、意地の悪い妖精に騙されたレイが、異世界で繰り広げられるデスゲームに巻き込まれるんですが、デスゲームはなんとパートナーと命が一蓮托生っていうところです。
つまり、どっちかが死んだら自分も死ぬってこと
ひとりだけの生き残りはあり得ないってことで、まさにパートナーが自分のいのちの運命の人ってわけ。
かなりハードだけど、生死を共にした相手と永遠の愛を…
そう考えると、それはありだよな^^
なーんて、そんな甘いわけない^^;
しかも最後には、意地悪妖精のトラップまで。
あの手この手で試されるパートナーたち。
最後に生き残るはだれだ?^^
めくりが止まらない一冊です^^

「君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる」ネタバレと感想

神木礼二は現実に疲れていた22歳。生きるのが下手なうえにこれと言った特長もない若者。
或る日突然、目の前に現れた妖精にいまのすべてを捨てるなら…
運命の人と結びつけてあげる
と言われあっさり了承する。
そりゃそうだよね。同じ立場ならマカオンも「うん」って言っちゃうよ。
しかし、この妖精がだめだった(><)
悪の妖精っているんだ。おもしろい設定^^
異世界に飛ばされた礼二は姿かたちも幼い少年に変身していた。
妖精はそこでデスゲームを強要するんだね~。
どんなゲームかというと、男女一組で殺し合い
最後に生き残れば望む世界を与えるっていう、まさにニンジンぶらさげ状態^^;
しかも、どちらか死ぬと、そのパートナーも死んじゃうっていうルール
いのちの一蓮托生だね^^
これはまさに運命の人じゃん。
礼二のパートナーは「死神」と呼ばれる殺傷力抜群の美しいお姉さん「ヒルデ」だった。
「彼女がぼくの運命の人…!!?」
呆然とする礼二に妖精のは「頑張ってわたしを楽しませてね」なんて言いやがる。
翌日、村の広場に集められたのは全部で5組の男女。
妖精から殺し合いのルール説明がある。
いよいよ始まった殺し合い生き残りゲーム
順調に?殺しまくるヒルデ。
ヒルデは自分を犠牲にしてでも、絶対的に礼二を護る
礼二は良かったよね。だって、絶対的な愛と殺戮能力を持つ綺麗なお姉さんだから、大当たりでしょ^^
礼二はこの、殺し合いとう異様な状態がずっと理解できないままでいる。
そして、みんなが助かる方法が必ずると信じている
やっぱり駄目な奴はダメってことかな?
こういうあまっちょろい奴ってイラッてくる^^;
それでも自分の腕を一本捨ててでも、礼二を助けようとするヒルデ。
しかし、その愛は男女愛というには確かにおかしいものだった。
いくら運命の人とは言え、ヒルデはなぜそこまでして礼二を護り抜くのか?
礼二とヒルデは生き残ることができるのか?

天使の顔をした、悪魔的な妖精がいい味出してる^^

なんの前触れもなく、突然レイの前に出てくる^^
かわいらし顔してこう言うんだよ。
いまの現実をすべて捨てたら、運命の人と結びつけてあげる」 って
これって違う意味で「殺し文句」だよね^^
しかも、決して甘いだけでないんだよね。
なぜなら、今の現実を犠牲にするならってうちょっと厳しい条件も付いてるから、
うまいいよなぁ~この妖精。
まるで悪魔じゃ^^;
そして、現実を捨てた異世界にいくと、この妖精、なんと、そこで自分のパートナーと一緒に殺し合いをしろ って言いやがる!
いいねぇ~、この身変わりの良さ。
悪の化身って感じがして実に好い!
そして生き残った最後の一組に望む世界を与えるっていう
はい! でました! ニンジンぶらさげ作戦^^
この悪党っぷり、中途半端感がないところが実に良い
マカオンは逆に好感が持てるぐらい。
しかも、最後にも悪魔的所業を仕掛けてくる。
ほんと最高!この悪魔^^ あっ!妖精だった^^;

「君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる」を読むなら

イーブックジャパン(ebookjapan)好評配信中の漫画なんです~^^

「君のために、お姉ちゃんがみんな殺してあげる」1巻 を無料で読んでみる^^

こちらのデスゲームも読んでください

-サスペンス、ホラー、ミステリー、バイオレンンス