「バイラブ」1巻 のネタバレ 超美女に隠された秘密とは...

2020年9月17日

「相変わらずここが感じやすいんですね」
「あんっ!こんなのダメェ~~~っ …んはっ💓 んはあああっ ダメえぇ~~ そこ…弱いトコばかり攻めないでぇ じゃないと わた…し… イイ… イッ.イッちゃううううぅぅーーー …イクッ!!」

だから、「バイラブ」1巻 はおもしろい^^

「バイラブ」1巻 を無料で読んでみる^^

facebookはこちら

※完全無料漫画は期限がある場合があります。いそげ~~~^^/

「バイラブ」1巻 のネタバレと感想と 

ぜひ紹介文を読んで、試し読みしてね^^

 

登場人物

羽鳥涼子

人気の美容師。腕が良いというだけでなく、金持ちのマダムたちを女性ならではのテクニックで篭絡(ろうらく)している。

 

木下紗和

涼子のかつての同級生。明るく、元気でみんなの人気者だった。康平との婚約で涼子の美容室の近くに越してきた。

 

須永康平

涼子のかつての同級生で憧れていた男性。紗和の婚約者。

 

「バイラブ」1巻 のネタバレと感想と^^

タイトルの「バイラブ」とは2つという意味をあらわす「バイ」と愛の「ラブ」を合わせた造語だと思う。

おそらく正しくは「バイセクシャル・ラブ」だろう。つまり「両性愛」ということだろうね。

この作品がおもしろいのは、主人公である羽鳥涼子のその時々の心理描写と、どうして涼子のような人間が作られたんだろう?

そこには忌まわしい過去があったんだ。

その結果、涼子は妬み、嫉み(そねみ)、そしてずる賢い復讐を強く意識する人間になってしまう。

そんな邪(よこしま)な心理がリアルのような感覚で読み手を惹きつけちゃうんだよな。

涼子のジェットコースターのように乱高下する情緒と心理がおもしろい。

 

ベッドの上で悶える女性

「あっ… ああっダメぇ… あああっ んはあっ… きっ気持ちいいわぁ💓

「相変わらずここが感じやすいんですね」

「あんっ!こんなのダメェ~~~っ …んはっ💓 んはあああっ ダメえぇ~~ そこ…弱いトコばかり攻めないでぇ じゃないと わた…し… イイ… イッ.イッちゃううううぅぅーーー …イクッ!!

 

ベッドの上で乱れているのは人気美容師の羽鳥涼子とその顧客 高梨だ。

高梨はネコで涼子はタチだ。

別れ際、高梨は涼子にキスされると「これ、いつもの」と言って現金が入った封筒を渡した。

ひとりになった涼子は自分の過去を思い出していた…

その過去は今の輝かしい涼子からは想像もできない、暗く悲惨なものであった。

 

涼子は高校生時代、ブサイクで陰気な生徒だった。

そんな涼子でも男性に恋をした。

同じ学年の須永康平という男子生徒だ。

 

もちろん涼子の一方的な想いだった。

しかしその恋も儚く(はかなく)破れた...

なぜなら、康平は同じ学年の木下紗和と交際を開始したのだ。

 

紗和は涼子とは正反対の可愛く、明るく、みんなの人気者だった。

失恋した涼子は専門学校に進学し、そこで付き合っていたブサイクな彼氏に犯されて処女を喪失した。

そんな彼女が、いまこうして華やかな地位と金を手に入れたのは、すべて整形のおかげだった。

 

自分の過去を知るの者は誰もいない。

そうして、美容師としての技術を磨いた。

技術だけでは客はつかない。

人間力も磨かなければならない。

自分磨きも必要なのだ。

 

美容師の世界はサラリーだけでもなんとか食べていけるが、

客がつかなければ指名料が入らない。

その指名料をいくら取れるかで、生活のレベルは格段に変わってくる。

指名をとるために、客をたらしこんだ。

指名料とセックス料を客から得ていた。

そればかりか唯一、涼子の整形に気づいた店長にも脅迫され犯され続けていた。

 

それも、これも、すべてこの世界でのし上がるためだった。

美貌を手に入れた涼子だったが、金と名声を得るために様々な鎖につながれたままだった。

 

う~~~ん。すさまじいね~~~。

孤独、失恋、妬み、

過去のと決別して、名声、地位、金を得るために

努力だけでは報われず、身体を使うなんて

それで本当に幸せなのかなって思う。

 

いや、そんなことで幸せでないことはもちろん涼子も分かっているだろう。

しかし、すくなくとも美人になったことで男性ばかりか同性もうらやむほどになったのは飛び切りの優越感だろう。

 

金を得ることで浪子は自分の価値を認めて自尊心を保っていたのではないだろうか。

しかし、そんな涼子に変化が起こる…

 

ある日、涼子の店にやって来たのは、あの木下紗和だった。

紗和は婚約したためこの近くに引っ越して来たという。

涼子は紗和に気づかれないかと内心ひやひやだったが、その心配は必要なかった。

紗和は涼子のことをとても気に入り、康介にも話すのであった。

もちろん同級生としてではなく新しく通った美容院の初めて会った美容師としてだった。

 

数日後、涼子は自分がどれほど男たちに魅力があるのか試すため気乗りしてなかった合コンで試してみることにした。

ドレスアップした涼子にやっかむ他の女子たち。

もちろん男子は全員涼子狙い。

涼子は早々に誘ってきた男とホテルへ…

涼子は自分の趣味と言いながら男を縛りあげる。

そして、全裸で縛られている男の写真を撮る。

「帰るわ 私はあんた達のがっついた姿を見るのが好きなだけ 今日はもう十分に楽しませてもらったわ 今日のことを誰にも言うんじゃないわよ もし、言ったらさっきの写真をばらまくからね」

そう言い残して涼子はホテルを後にした。

 

めっちゃ性格わる~~~。

なんだこのくそ女。

これまでのうっぷんや店長に犯されたり、好きでもない女と寝たりしてるストレスを発散してるだけじゃないか!

この女いったい何がしたんだ!

やり場のない憤りやストレスを誰でもいいからぶつけてるようにしか思えない。

これ自体がすでに復讐なのかもしれないけど、なにに対してだ?

それってこれまでの自分の生い立ちなのかもしれない。

 

それと、紗和だ。

婚約のためこの近くに引っ越して来たということは、康平も一緒なのでは?

これは…

涼子の取り返したい人生が… 昔の憧れの人が… 近くにいるってわかったらそりゃー会いたくなるのが人情って言うもんだよね

 

「実はさ 今日、女子大生と合コンなんだ」

そう言ったのは康平の同僚だ。

しかし、婚約してる康平は誘われない。

そのことに不満を持ちながらも家路につく康平だったが、 紗和から残業だからご飯食べてきてほしいとの連絡が…

初めて入った店で康平に一人の美女が視線に入る。

それは、涼子だった。

 

(すげぇ… 上玉ッ!!)

涼子の美しさにドキッとする康平だった。

涼子は店長に犯され、いらだっていた。

そこへむかし憧れていた人とよく似た男が横に座ったためほんの少し動揺する。

しかし、そんな漫画みたいな話はないと自分の考えを否定する。

だが、話し方、身振り、素振りを見て自分が憧れていた須永康平だと確信する。

 

チャンスと考える一方、もし自分があの孤独でブサイクな涼子だと気づかれたらどうしようという不安が交錯する。

しかし、勝ったのはこのチャンスをものにしたいという欲望だった。

適当な言い訳で康平の会社を聞き出す涼子。

自分は美容師と言い、似合う髪型を提案する。

いい雰囲気になるふたり…

浪子は、自分のことを悟られまいとその日は早々に店を出ようとする。

「毎週火曜でしたよね? また一緒に飲みましょう…ぜひ!」

それは涼子の休みの日にデートをしようという康平の誘いだった。

 

マンションに戻った涼子は今日のことが嬉しすぎ、シャワーを浴びながらオ〇ニーをしてしまうほどだった。

一方、康平は先に帰っていた紗和が家事もせず、ペットを心配し、実家に帰ろうという言葉に閉口した。

その晩、紗和を抱くも、機能を果たせなかった康平。

その康平の頭の中に一瞬、涼子の顔がよぎるが紗和を裏切ることはできないと思い直す。

 

涼子は康平から聞き出した会社を探していた

「なんだか 次の火曜まで待てないかも…💓」

その顔は悪魔のようにうすら笑っていた。

その翌日の昼休み、涼子は康平と偶然を装うために康平の会社の近くへと赴いた。

 

これってめっちゃ墜ちてく予感がするよね~^^;

紗和と康平は付き合いが長い分、倦怠期に入ってる感じ。

そこへ謎の美女が自分に近づいてきた。

普通なら関係を持っちゃうところだけど、紗和を想ってそうならないように気を引き締めるところが康平のいいとこだ。

 

しかし、涼子の悪魔のような誘惑は、康平の決意を砕くことはとてもたやすいことだと思うけど。

ここまで性格がひん曲がってしまったら、康平が好きというより欲望のままに、奪うこと、過去を取り返すことに執着してしまうと思う。

しかし... その醜さがおもしろい。

人間とは本当に屈折した生き物だとおもう。

他人の不幸は蜜の味とはよく言ったものだ^^;

 

こういうタイプの漫画はいくつも存在するが、よりリアルであるかどうかがおもしろさを分ける。

そう言う意味では、このバイラブはやや、設定の弱いところもあるが、秀悦だと言えるだろう。

ぜひ、読んでみてほしい。

 

登場人物:ほんとうの姿…

羽鳥涼子

人気の美容師。腕が良いというだけでなく、金持ちのマダムたちを女性ならではのテクニックで篭絡(ろうらく)している。

ブサイクで孤独な高校時代を過ごしたが、整形手術で美貌を手に入れる。

そして、成りあがるために身体を売る。

憧れの康平と偶然出会い接近する。

 

木下紗和

涼子のかつての同級生。明るく、元気でみんなの人気者だった。

康平との婚約で涼子の美容室の近くに越してきた。

涼子に髪を切ってもらうがまったく気づかない。

家事が苦手で学生気分が抜けきらない

 

須永康平

涼子のかつての同級生で憧れていた男性。紗和の婚約者。

紗和のことは大事の思っているが、遊び足りない気持ちもある。

涼子をナンパする。

 

無料試し読みOK!

「バイラブ」1巻 を無料で読んでみる^^

 

お得な情報がいっぱい^^

[st_af name="ebookjapan%e3%80%80%e7%84%a1%e6%96%99%e6%bc%ab%e7%94%bb"]

 

アニメでも楽しみたい方はこちら^^

[st_af name="u-next"]

 

試し読みはこちらから

「バイラブ」1巻 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

「バイラブ」2巻 のネタバレと感想と 涼子の略奪愛いよいよ開始^^

欲望を抑えきれない涼子は膝をつき、康平のベルトをはずし、ファスナーを下げる。 そこにはすでにいきり勃った康平のモノがそこにある。 それを見た途端、さらに涼子の目が潤む 「はぁ、はぁ… (にゅる うぷ  ...

続きを見る

 

こちらも読んでみてください^^

「リベンジH」1巻 のネタバレと感想と 誰も許さない… みんな不幸にしてあげる

「こんなになってるくせに…」 そう言うと健一から丸見えになるようにスカートをまくる秘芽子… そうするといきり勃った健一のものの上に自ら腰を落としていく。 「ああっっ はあっ はあぁぁ」 秘芽子の熱い吐 ...

続きを見る

 

-理不尽、ときめき