約束のネタバレ:会わせたい人がいるを考察

投稿日:2017年12月4日 更新日:

A08-63 猟場 にいた少年は鬼のこと、農園のこと、補充のことや猟場のこと、鬼の社会や名前まで知っていた。
この少年が、脱獄者なのか、誰かに教えられたのか問うことは別章で考察します。
では、いったい誰に合わせたいというのだろう。

会わせる目的は、エマは有用だからと判断したからでしょう。
それはもちろん
・情報を得る
・ここから脱出する
ためにです。
ということは、会わせたい人はここからの脱出を考え、組織し、戦略を練れる人物ということになります。

もちろんこれだけの情報では誰か分かりませんが、
それはノーマンとの再会ではないでしょうか。

ノーマンは何らかの理由でここで狩られる人生を送る羽目になった…
ノーマンは出荷の際、想定外の出来事に出くわしています。

普通の出荷ではなかったということです。
それこそがノーマンの生存の可能性を肯定し、
どこのいるのか問う疑問をもたげます。
この、地獄からの脱出、そして迎えに来たレイとの再会
そして、ノーマンがここで調べたミネルヴァのヒントが結びつくのではないでしょうか
この地獄からの生還はノーマンの知略失くしてあり得ないと思います。

おそらくエマはここでも全員で…というでしょう。
しかし、今のエマ達では多勢に無勢でありまずは、少人数での脱出となり、
レイやオジサンとの合流になるでしょう。

約束のネバーランドが安い! 家にいながら、いますぐ、買えます!場所も取らない

Pocket

-約束のネバーランド(考察)
-

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2018 All Rights Reserved.