約束のネバーランド 139話 「鬼探し②」 ネタバレ 結末を大胆予測してみた^^

2019年6月25日

そのころハヤテはノーマン別動隊と話していた。

「そうか、今日も手がかりはなしか」

「ああ」

「だが、じき見つかる。いいか邪血だけは見つけ次第俺たちで殺す。すべてはボスの命令通りに!!」

facebookはこちら

 

↓ こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

↓ 前話はこちらから

 

 

約束のネバーランド 139話 「鬼探し②」 ネタバレ

アイシェの生い立ちと鬼への想い

アイシェは本来不完全な人間として廃棄処分されるはずだった。

 

それを同じようにコンプレックスのある鬼にこっそり育てられたのだ。

 

つまり、アイシェにとってその男鬼は父なのだ。

 

しかし、それをノーマンたちが殺した。

 

アイシェはその時にしゃべれないふりをして、父の復讐の機会をずっと待っていたのだ。

 

そこへ現れたのがエマたちだった。

 

エマやレイ、ドン、ギルダの鬼との共存という願いを聞いてアイシェは言葉を発したのだった。

 

一方、ドンとギルダはアイシェが監視役でも暗殺者でもないことを知り、ノーマンへの警戒を解き安堵するのだった。

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

ノーマンの作戦

王都に進攻を始めたノーマンたち。

 

そのころハヤテはノーマン別動隊と話していた。

 

「そうか、今日も手がかりはなしか」

 

「ああ」

 

「だが、じき見つかる。いいか邪血だけは見つけ次第俺たちで殺す。すべてはボスの命令通りに!!」

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

約束のネバーランド 139話 「鬼探し②」 感想と大考察

鬼と人間と愛情

鬼と人間に愛情は成立するかと言えば答えは簡単だ。

 

成立する

 

なぜなら、感情があるからだ。

 

おかしいとおもうあなたに訊こう。

 

犬と人間に愛情は成立するか?

 

答えは 成立 するだよね^^

 

しかし、その昔、人間も犬を食べていた。

 

犬でなくても馬でも同じことだ。

 

鬼が人間を虫けらと思うかペットと思うかで愛情が生まれるかどうかが違うだけだ。

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

暗殺部隊

ハヤテが話していたノーマンの別動隊はソンジュとムジカの暗殺部隊だ。

 

姿滑降からΛの精鋭といったところだ。

 

ハヤテはお調子者のふりをして実はスパイというわけなんだね^^

 

これもノーマンの作戦だろう。

 

しかも数がすごいから、結局はドン、ギルダ、アイシェ、ソンジュ、ムジカで逃げることにあるのだと思う。

 

そして王都攻撃が始まり、収拾がつかなくなったところへエマたちと合流したムジカが和平を結ばせるというこうずではないだろうか^^

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

無料試し読みOK!

 「約束のネバーランド」 を読むなら

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

イーブックジャパン ホーム

メアドかyahoo  ID ですぐに無料会員に^^

漫画・アニメはこちらがお得^^

アニメ好きの方はこちらがお得^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。次話はこちらから^^どうぞ

現時点での最新レビューです^^

 

こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

-約束のネバーランド(ネタバレ), 約束のネバーランド(大考察)
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.