約束のネバーランド(考察)

約束のネタバレ:レウウィス大公を考察

更新日:

レウウィス大公とは

レウウィス大公とは、人間狩りを楽しむ貴族鬼です。
そもそも大公とはヨーロッパで、小国の君主の称。また、君主の一門の男子の総称です。
ですから、国王もしくは国王の血筋である事が分かります。
更に男子である事が分かります。

レウウィス大公はいつから狩りをしているのか?

このレウウィス大公ですが、こう言っています。
「昔はよかった。昔は…。生きるか死ぬかの騙し合い。血沸き肉躍るあの感覚」
と言っています。
つまり、昔の感覚をを思い出しているのです。
すなわち、1000年以上前に人間狩りを実際にしていたことになります。

約束のネタバレ:鬼の寿命を考察

レウウィス大公はこう言っています。 「昔はよかった。昔は…。生きるか死ぬかの騙し合い。血沸き肉躍るあの感覚」 以前の人間狩りを懐古し、感慨に浸っています。 注目すべき言葉は 「昔はよかった…。 あの感 ...

続きを見る

GBの子供たちを全滅させた鬼である

レウウィス大公はこう言っています。
「こんな気持ちは彼ら以来か」
彼らとは一体だれを指しているのでしょうか?
挿し絵から、レウウィス大公こそがオジサンの家族、つまりGBの子供たちを全滅させた鬼である事が分かりました。

オジサンはゴールディポンドを地獄と言っています。
その地獄の代名詞こそが、レウウィス大公なのでしょう。
そしていま、その本当の鬼がエマを狙うと決めたのです。

レウウィス大公の嗜好

レウウィス大公は人間狩りにおいて
「私かね。私の音物は常に変わらんよ。殺す気でかかってくる強い人間。ただ、最近はめっきりご無沙汰だねぇ」
と言っています。この言葉から武闘派である事が分かります。

さらに、「兎狩りの趣味はないが、すべては君をより強く、美味しくするため」
と言っていることから、狙った獲物の戦意を煽り、より一層楽しみを増加させる術を知っています。

テオだけを逃がし、自分自身への敵意によって狩りを楽しくしようとする狩猟民族的嗜好があります。
これは鬼本来の嗜好でもあります。

レウウィス大公の知性

「賢い君ならそうすると思ったよ。」
レウウィス大公は、賢いエマであれば風下に逃げろと指示することを読み切って先回りしていました。

約束のネバーランド 第68話(速報・考察)こんなもんだよ

第68話 こんなもんだよ 終わった 街中に音楽が鳴り響いた。 それは狩りの終わりを告げる安堵の音だった。 「終わった…逃げ切れた」 ホッとするエマ。 年長者たちはすぐにけが人の手当てに奔走している。 ...

続きを見る

自分たち鬼は目よりも鼻が利くこと。
それをエマは知っているという読み。
そして、エマの憎しみを煽るためテオをメッセンジャーとして返した知略。
まさに残虐な鬼と言えるでしょう。

 

Pocket

話題の漫画ピックアップ

はれんち。

友達のお姉さんにいたずらされる^^
勤務態度を指導するはずが、指導される?
カラオケBOXのマイクで恥ずかしい声を!

ギャルからロリ、S女まで乱れる全11作品

 

毎日が挿入日

巨乳のかわいい女の娘が、
目をとろんとさせて、むさぼるのは…
積極的な彼女が咥える

夏色バズーカ
俺の彼女はすーぱーぷに子
トナリノ女(ヒト)など爆裂9作品。

貞操観念ZERO

浮気SEX大好きで毎晩男をとっかえひっかえの母、
職場の男全員と寝ているOLの長女、
ヤリサーに所属して男遊びが趣味の女子大生の次女、
SEX大好きな淫乱JKの三女、
家族そろってヤりまくりハメまくり♪――欲望丸出しの女達が浮気パコ三昧

その他、ビッチだらけの17作品!
コスパ良すぎ^^

-約束のネバーランド(考察)
-

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2018 All Rights Reserved.