約束のネバーランド(考察)

約束のネタバレ:武器庫を考察

更新日:

A08-63へ向かう前日、オジサンはエマとレイを武器庫へ案内します。
ミネルヴァ探しの準備のため武器を装備しようというのです。
そこには重火器類がぎっしり詰まった部屋があります。

これは、密猟者、鬼対策なのでしょう。
と言うことは、鬼や密猟者は銃や火器類で撃破できるということです。
確かに鬼たちは知性があってもなくても強敵ですから
銃で対抗できるのであれば有効な措置と言えるでしょう。

この部屋は隠し部屋になっています。
つまり、誰でも勝手に侵入できないよう対策されているということです。

では、いったい誰の侵入を拒んだのでしょうか? 鬼でしょうか? 
万一、このシェルターが子供たちより先に鬼に見つかった場合、多くの設備は破壊されるでしょう。

それを知らずに子供たちがこのシェルターに到達したときに、ここで生きていけなくても、A08-63を目指す旅に出発する際、鬼や密猟者に対抗できるように隠し部屋にして準備しておいたのでしょう。

本は2015年以前のものはありません。
つまり、ミネルヴァは2015年以前にこのB06-32シェルターを作ったことになります。

そうすると銃や重火器類も2015年以前のものとなります。
59話でエマとレイは武器を選ぶ際、ナイフを選びます。

サバイバルも考えてのことですが、銃は重く、携行するには不向きだと言います。
B06-32からA08-63へ行くには”奴ら”の住むエリアを通ります。
ミネルヴァは当然知っていると思います。

そうであれば、このような扱いにくい武器、逃げるのには重い盾などどうして準備するのでしょう?
ソンジュの言っていた、逢わないのが一番。できるだけ逃げろ。
と言うのに対し、真っ向から迎撃するように感じます。
これはソンジュの意見とは全く異なります。

そうだとすれば、この武器と言うのは
一体だれが何のためにこれだけの量を用意したのでしょう。

考えられるのは、ミネルヴァたちが一旦子供たちをこのシェルターに保護し、
いずれ人間界に連れ戻すために、大人たちがこのシェルターにやってきて、
武器を持ち、子供たちを鬼の世界から脱出するという計画があったのではないかと推察されます。

65話
ミネルヴァはA08-63 GPに猟場があることを知っていたのではないでしょうか。
そしてそのためにはソンジュが言っていたように
なるべく鬼と遭遇しない。逃げる。それが得策。

まずは鬼の弱点を知ること。そうすれば野良鬼を変形させることなく殺せる。
つまりは密猟者たちに見つかり確率がぐっと減る。
だから、武器を見つけにくくした。
A08-63 GPを何度か目指すうちにこれらのことを学習し、
その後、武器を見つければ
鬼の弱点を知っているから再生させることなくA08-63 GPに辿り着ける
そう考えたのではないでしょうか。

Pocket

話題の漫画ピックアップ

はれんち。

友達のお姉さんにいたずらされる^^
勤務態度を指導するはずが、指導される?
カラオケBOXのマイクで恥ずかしい声を!

ギャルからロリ、S女まで乱れる全11作品

 

毎日が挿入日

巨乳のかわいい女の娘が、
目をとろんとさせて、むさぼるのは…
積極的な彼女が咥える

夏色バズーカ
俺の彼女はすーぱーぷに子
トナリノ女(ヒト)など爆裂9作品。

貞操観念ZERO

浮気SEX大好きで毎晩男をとっかえひっかえの母、
職場の男全員と寝ているOLの長女、
ヤリサーに所属して男遊びが趣味の女子大生の次女、
SEX大好きな淫乱JKの三女、
家族そろってヤりまくりハメまくり♪――欲望丸出しの女達が浮気パコ三昧

その他、ビッチだらけの17作品!
コスパ良すぎ^^

-約束のネバーランド(考察)
-

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2018 All Rights Reserved.