約束のネバーランド 最終話 ネタバレ 「全部君がくれたんだ 君が君の記憶と引き換えに」

「全部君がくれたんだ 君が君の記憶と引き換えに」
涙を流しながらエマに感謝するノーマン
(わからない この人が誰なのか)
しかし、エマの瞳からはぽろぽろと大粒の涙がとめどなく溢れる

facebookはこちら

 

↓ こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

↓ 前話はこちらから

 

約束のネバーランド 最終話 ネタバレ

「運命なんて覆してやる」

なかなかエマを見つけられない子供たち

しかし、絶対にあきらめない子供たち

弱気になっても決してあきらめない

「抗うんだ 運命なんて覆してやる」

そう誓って、そしてエマに必ず会えると信じている…

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

再会

(レイこっち)

なにかがレイにそう伝え、レイもそれを感じた

(エマ!!)

瞬間、エマからと感じたレイは周辺を探し出す

そしてついにその時が…

エマの前に、ノーマン、レイ、ギルダ、ドン…みんながいる…

「エマ…!!」

「やったー!!!」

大歓声が上がる^^

しかし…

「あの… みなさん… どなた… ですか…?」

「…うそでしょ……」

ギルダが声にならない声でつぶやく…

「やっぱりこいつ記憶を奪われたんだ」

みんなはxxxとの代償で記憶を…家族を奪われたこと

いや、代償としてエマが自分だけ家族と離ればなれになることを「約束」したことを察する

 

「全部君がくれたんだ 君が君の記憶と引き換えに」

涙を流しながらエマに感謝するノーマン

(わからない この人が誰なのか)

しかし、エマの瞳からはぽろぽろと大粒の涙がとめどなく溢れる

「ずっと あなたたちに 会いたかった気がするの」

「おれたちも会いたかった ずっとずっと会いたかったよ!!」

「忘れてしまったっていいんだ 思い出せなくたって 一緒に生きよう」

「うん」

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

約束のネバーランド 最終話 感想と大考察

なぜ、この終わり方なのか?

この作品の展開であれば、

・人間界でその人間の残酷さ身勝手さに癖癖し、鬼社会に戻りムジカたちと暮らす

・食用児が人間社会で差別を受ける

・ラートリー家の新たな陰謀がおこる

などどうにでも展開できるのに、なぜこのようなあっさりとした終わり方なのだろう?

それは、

白井カイウ先生のこだわりではないだろうか?

もともとこの作品は原作、漫画ともに白井カイウ先生の作品であった

しかし、カイウ先生は脚本に専念することにした

大変思いやりのあるこの作品を無理やり引っ張る編集のやり方ではなく、あくまでも自分の作品として終わりにしたかったのではないかと思う

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

ただ、気になるのは…

この作品にしては、終わり方があっさりしすぎているということだ

この作品であれば、もっと心に響く終わり方にできたはずだ

しかし、そうしなかったのはなぜか…?

最終話を迎えるにあたりいくつか思い当たる点があるが

ここでは公言しない

気になる方はメールください

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

無料試し読みOK!

 「約束のネバーランド」 を読むなら

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

イーブックジャパン ホーム

メアドかyahoo  ID ですぐに無料会員に^^

漫画・アニメはこちらがお得^^

アニメ好きの方はこちらがお得^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。次話はこちらから^^どうぞ

現時点での最新レビューです^^

 

こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

-約束のネバーランド(ネタバレ), 約束のネバーランド(大考察)

© 2020 Manga-ya 漫画屋