約束のネバーランド考察:食用児の養殖 を考察

食用児の養殖 を考察

食用人間とはすなわち鬼の餌です。

 

この餌には2角種類あると説明しました。

 

約束のネバーランド考察:食用児 を考察

食用児 を考察 食用児とは鬼の餌となる子供のことです。   なんとも凄い設定ですが、   これがこの作品を引き立たせている素晴らしい設定でもあると思います。   食用児の ...

続きを見る

 

高級農園のように人間らしく、人間として飼育される餌と、

 

感情を一切持たず、ただ生かされ、太らされる人間です。

 

多くはただ生かされ、太らされる人間で、農園のほとんどはこのタイプの量産型の農園です。

 

鬼にとって最高の御馳走は発育した人間の脳みそです。

 

それも6歳~12歳までの脳で、

 

知能が高いほどおいしいということは分かっています。

 

そうであればこのような量産型の養殖施設はほんとに平凡な味しかしないでしょう。

 

なぜならなんの教養も知識も意思すらないのですから。

 

シェルターにあった資料から、

 

どの量産農園の所有であるかは図案と刻印位置で識別します。

 

量産農園は、手や足、肩、胸などあらゆる部位を使って数百ある農園を識別します。

 

命の尊厳 を考察

もしかするとこの作品にはは深いメッセージ性が込められているかもしれません。

 

命を食べるというのは、私たち人間も同じです。

 

そして鬼と同じように養殖もしています。

 

しかも鬼よりも多くの種類の生き物を養殖しています。

 

命の大切さをメッセージにされているのかもしれません。

 

手塚治虫先生のブッダと同じメッセージかどうかは現時点ではわかりません。

 

ムジカはエマたちに鬼の世界の食材で人間の食べ物の作り方を教えています。

 

ということは鬼は人間以外にも野にある動植物で調理することを知っていて、

 

その味覚は人間と変わらないのかもしれません。

 

そうすると食用人間は何のために養殖しているのか?

 

という疑問がわきますが、

 

私たち人間と同じように高級食材や希少食材は養殖していると考えればなんの不思議もなく、違和感すら感じません。

 

食べるという行為はそれだけありがたく、

 

罪深い行為なのかもしれません。

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(大考察)
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.