約束のネバーランド考察:レウウィス大公 を考察

2017年12月4日

 

約束のネバーランド考察:レウウィス大公とは を考察

レウウィス大公とは、人間狩りを楽しむ貴族鬼です。

 

そもそも大公とはヨーロッパで、小国の君主の称。また、君主の一門の男子の総称です。

 

ですから、国王もしくは国王の血筋である事が分かります。

 

更に男子である事が分かります。

 

約束のネバーランド考察:レウウィス大公はいつから狩りをしているのか? を考察

このレウウィス大公ですが、こう言っています。

 

「昔はよかった。昔は…。生きるか死ぬかの騙し合い。血沸き肉躍るあの感覚」

 

と言っています。

 

つまり、昔の感覚をを思い出しているのです。

 

すなわち、1000年以上前に人間狩りを実際にしていたことになります。

 

約束のネバーランド考察:鬼の寿命 を考察

約束のネバーランド考察:鬼の寿命 を考察 レウウィス大公はこう言っています。   「昔はよかった。昔は…。生きるか死ぬかの騙し合い。血沸き肉躍るあの感覚」   以前の人間狩りを懐古 ...

続きを見る

 

約束のネバーランド考察:GBの子供たちを全滅させた鬼である を考察

レウウィス大公はこう言っています。

 

「こんな気持ちは彼ら以来か」

 

彼らとは一体だれを指しているのでしょうか?

 

挿し絵から、レウウィス大公こそがオジサンの家族、つまりGBの子供たちを全滅させた鬼である事が分かりました。

 

オジサンはゴールディポンドを地獄と言っています。

 

その地獄の代名詞こそが、レウウィス大公なのでしょう。

 

そしていま、その本当の鬼がエマを狙うと決めたのです。

 

約束のネバーランド考察:レウウィス大公の嗜好 を考察

レウウィス大公は人間狩りにおいて

 

「私かね。私の音物は常に変わらんよ。殺す気でかかってくる強い人間。ただ、最近はめっきりご無沙汰だねぇ」

 

と言っています。この言葉から武闘派である事が分かります。

 

さらに、「兎狩りの趣味はないが、すべては君をより強く、美味しくするため」

 

と言っていることから、狙った獲物の戦意を煽り、より一層楽しみを増加させる術を知っています。

 

テオだけを逃がし、自分自身への敵意によって狩りを楽しくしようとする狩猟民族的嗜好があります。

 

これは鬼本来の嗜好でもあります。

 

約束のネバーランド考察:レウウィス大公の知性 を考察

「賢い君ならそうすると思ったよ。」

 

レウウィス大公は、賢いエマであれば風下に逃げろと指示することを読み切って先回りしていました。

 

 

自分たち鬼は目よりも鼻が利くこと。

 

それをエマは知っているという読み。

 

そして、エマの憎しみを煽るためテオをメッセンジャーとして返した知略。

 

まさに残虐な鬼と言えるでしょう。

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(大考察)
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.