約束のネバーランド 第67話(速報・考察)禁じられた遊び②

 

第67話 禁じられた遊び②

じゃあ別々に逃げよう

「新入りのみんな聞いてくれ」
毎月の補給者(農園から送られてきた新入り食用児」(=狩られる獲物)には
いつもいつも同じことが教えられる。

・この村からは出られない
・音楽が鳴ったら怪物が襲いに来る
・生き残る道はひとつ。もう一度音楽が鳴るまで逃げ切ること

「あんた、正気か!あいつはやばいんだ…あの帽子のやつは…」
3兄弟を助けたエマの無謀な行動に怒る少年。
エマはお構いなしに鬼たちの情報を訊きだす。
それによると
・鬼の顔触れはいつも同じ
・鬼は5匹(お付きを除く)
・人間は約50人
・狩りは3日に一度
・補給は月に一度

早く逃げないとやばいと言う少年に対し、怪我をした3兄弟のことを気にするエマ。
自分たちを気にせず先に逃げろと言う3兄弟に
「わかった、じゃあ別々に逃げよう」
さらに
「あいつはグレイス=フィールド、いいの?早い者勝ちだよ」
と言えとテオ、モニカ、ジェイクの3兄弟に教え、自分の価値に注意を集め、おとりになろうとするエマ。そして風下に逃げて匂いで終われないようにおしえた。
「それじゃ、また、あとで会おう」
そう言って、少年とエマと、テオ、モニカ、ジェイクの3兄弟は別れた。

だが、今ではない

エマはママの言葉を思い出していた。
「あなたたちは特別なお方しか食べられない特別な食用児」
それを逆手に自分の価値を利用したのだった。
だから、自分といるほうがむしろ危険だと察し、3人と別れたのです。

エマは少年に言います。
「鬼の近くにいて、おびえてる人達を、ひとりでも多くの人を逃がしたい」
「あんたも相当面倒くさいね」

「急に獲物がいんくなったわ」メスの鬼が呟く。
レウウィス大公はエマを自分の獲物と決め、必ず狩ると決めている。
しかし、「だが、今ではない。さx、君にはもっと美味しくなってもらおう」

そして、ほかの鬼は獲物を見つけられない中、
レウウィス大公はテオ、モニカ、ジェイクの3兄弟の前に立ちはだかった。

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

 

-約束のネバーランド(ネタバレ)

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.