約束のネバーランド 第66話(速報・考察)禁じられた遊び①

 

 

第66話 禁じられた遊び①

あんたに会わせたい人がいる

「さて、みなさん今日は何狙いで?」
猟場の主催側らしき鬼が参加者の意識を高めようとする。

「レウウィス大公あなたはいかがですか?」
「私かね。私の音物は常に変わらんよ。殺す気でかかってくる強い人間。ただ、最近はめっきりご無沙汰だねぇ」
人間を狩る鬼たちの言葉だ。

「秘密の猟場…? ここも農園なの? 密猟者って?」
エマは少年に訊いた。
少年はエマが鬼たちのこと、農園のことを知っいることを確認でき、
「やっぱり、あんた外の子と違う…」
少年によれば、
・ここは農園ではない
・ここはパイヨン卿という貴族鬼の私設の庭である
・ここにいる人間は狩られるためにここで生かされている
・農園には秘密
・秘密の遊び場
・鬼が食べた分だけ月に一度、農園から補充される
・特権か特例で生きたまま入荷される
・ほかの子は鬼のことは何も知らない

エマはソンジュの言葉を思い出した。
「鬼は人間を狩らない…その約束を守り…」
エマに大体なことを説明した少年は
「あんたに合わせたい人がいる」

密猟者は

鬼たちはそれぞれ自由に人間狩りを始めている。
ある鬼は恐怖におびえる3兄弟をもてあそんでいる。

そんな中、レウウィス大公は昔を思い出していた。
「昔は良かった…生きるか死ぬかの騙し合い。
スリル、血沸き肉躍るあの感覚…
そう、狩りは互いに命を懸けるから面白いのだ」

その時、ひとりの少女が鬼めがけ斧を投げつけた。
「逃げて!!」
エマが兄弟を助けようと飛び出した。

その斧を寸前のところで受止めた鬼がいた。
レウウィス大公だ。
大公はすぐにエマの姿を追ったが、すでに逃げていた。

エマはその場を離れながら思った。
これが、A08-63 ゴールディ=ポンド
鬼たちの秘密の狩猟場だったなんて…!
おそらくオジサンが恐れた”密猟者”はここでカリを楽しむあの鬼たち
言葉も解る
頭もいい
人型でお面かぶってて
文化も文明も持ってる
農園で大人たちを支配していた
あの鬼たちみたいな
知性鬼!
きっとオジサンの仲間はここで全滅させられたんだ。
でも、これはチャンス。
ここは私が目指していた場所
ミネルヴァさんの”何か”がある場所
見つけなきゃ
オジサンのためにも

こんな気持ちは

「目をねらった…」
レウウィス大公エマが自分たちの弱点を知っていることを理解した。
そして、エマの無謀ともいえる行動に歓喜した
「久々に楽しめるかもしれない」

こんな気持ちは彼ら以来か

逃がさない。君はぼくの獲物だよ。

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

 

-約束のネバーランド(ネタバレ)

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.