約束のネバーランド 第57話(速報・考察)

第57話 取り引き②

グローリー=ベル出身の謎の男に、ミネルヴァ探しのガイド(案内役)を頼むと提案するエマを心配するドン。
エマに対し「出ていけ。名乗るつもりも必要もない」と言い切るオジサン。
エマは縛ったことと、クッキーを食べたことを謝り、お詫びにと温かいスープを振る舞う。そして、このスープは自分たちで食料を調達し、今後もオジサンの食料は使わない。電気や水も最小限にしか使わないという。しかし、その言葉にもシェルターを共有する気はないから出て行けと突っぱねるオジサン。

そうではなく、礼儀だというエマ。エマとレイは昨日のオジサンが言った「ムダ」とか「限り」とかはすべて口実だと見切っている。
その理由としてオジサンの行動こそムダだらけでシェルターの能力は十分だからだ。そのうえでオジサンがエマたちを排除し、このシェルターを守ろうとする理由は他にあると推察するのである。

エマは単刀直入にミネルヴァさんに会いにいくためにそのガイドとガードをして欲しいと頼むのであった。
更に、エマはオジサンが13年ひとりで生きていきたこと、すり減った靴は何度も地上に出ていること、引き締まった腹筋は相当に鍛えていること、木の実があったことを理由に挙げたのである。木の実は鬼の巣の近くでないと取れない危険地帯にしかない。
さらにレイはエマに対して放った銃弾も、狙ってほほをかすめたのだと推理している。

エマはオジサンたちもミネルヴァのA08-63へ来いという手紙を見て探した経験があるでしょと言い、自分たちも探しに行くから経験者としてガイドとガードを引き受けて欲しいと頼む。
そして、無事ミネルヴァさんに会うことができたら全員ここから出ていくと言うのである。
そんなエマの都合のいい話をオジサンが取り合訳がない。
「そんな条件で命がけの旅を?」と言いつつ、「この場で殺しちまう方が早い」と言ってナイフで脅すのである。
そんなオジサンにレイは銃を向ける。「おれを殺すとガイドもガードも手に入らねぇぞ」攻防が続く。レイは「殺さねぇよ。銃は返す」といって、弾を抜いて銃を返した。
そして、オジサンに言うのである。
「質にとるのはオジサンの命じゃない」
「緊急破壊装置」
「さ、取引しよう。さもなくばこのシェルター破壊しちゃうよ?」

奥歯を噛みしめるオジサン。そこでエマが奇妙なことを言う。
「壊したらもう、お茶会も出来なくなるよ?」

シェルターを人質に取られてオジサンは思考をめぐらす。
(やり返すことはできる。ミネルヴァ探し…どの道面倒ならそっちの方が… )

「いいだろう、そんなに死にてぇなら死なせてやる。ミネルヴァ探しに手は貸してやる。が、あくまで先導。護衛はしねぇし、命も懸けない。」

そして取り引きは結ばれた。

 

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(ネタバレ)

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.