約束のネバーランド 第56話(速報・考察)

第56話 取り引き①

テーブルに縛られていた男は拘束を解いた。しかし、レイたちは男を閉じ込めた部屋から出られないようにしていた。男はなたをもち監禁部屋から脱出を図ります。
「大人をナメるなよ」
男の目はすでに逝っちゃってる目でした。

レイたちは男から奪ったシェルターを生活拠点とすることを決め、「脱出」と「救出」について話し合います。

まず、資料室の資料についてざっと目を通したレベルで分かったことは
・どこにどんな農園があるのか
・農園ごとに管理記号があるということ
 ⇒GFは首に数字
 ⇒GBは腹に文字列
 ⇒フォントや文字の並びがそれぞれ異なる
 ⇒番号で固体まで識別できるのは高級農園だけ
 ⇒量産農園は図案と刻印位置で区別される
・鬼の世界の植物図鑑(手書き)の発見
・本はすべて(孤児院と同じく)2015年以降の発行
・約束や鬼についての資料はも古文書レベルである

本がすべて2015年以降ということについてミネルヴァは30年以上ここを訪れていないのではないかと不安になるギルダでしたが、シスタークローネが見た外の人間の存在との矛盾に気づき混乱するのです。

男が自分たちの脱獄について詳しく知っていたことから、このシェルターには外の世界から情報を得る設備があることを推察します。

ミネルヴァについては、古文書に手紙が挟んであり、それには
・到着おめでとう
・直接救うことができなくてすまない
・このシェルターは君たちに
・しかし”その先”、この”安住の先”を目指すなら
・ペンを持ってこの場所へ
・A08-63 W・ミネルヴァ
筆跡はペンのネームと同じであるとことエマが確認しています。

レイはエマと二人でA08-63へ行くとみんなに言います。理由は全員で行動するにはリスクが大きすぎること、このシェルターは安全であること、外はGBの子供たちが全滅したことからである。

しかし、ふたりの能力が高いとはいえ、密猟者や謎の「奴ら」など外には知りえない危険がまだまだあります。それをドンは心配するのです。
その不安に対しレイは「先輩(男)のちからを借りる」というのです。

そこへ突然、男が入ってきます。ナイフを後ろ手に持った男に対しエマは、「取引しよう」と言うのです。

男は取引に応じるのか? いったいどんな取引をしようと言うのか? エマたちと男の思いが交錯します。

 

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(ネタバレ)

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.