約束のネバーランド 第54話(速報・考察)

 

 

第54話 B06-32④

拳銃を頭に突き付けられたエマ。
選択を迫られるレイ…
ペンを置いて出ていくか、エマを見殺しにしてでもこの男と戦うのか…
出ていけばもう2度とミネルヴァのヒントには戻ることはできないだろう。しかも外は年少者にとっていや、自分ですら危険すぎる環境。
かといって誰も見捨てないと誓ったばかりなのに、エマを見殺しになどできるわけがない。
焦り、迷うレイ…その時、エマがまさかの急所攻撃!
悶絶する男からすり抜けるとエマはみんなのもとへ。
このエマの行動にはみんなびっくりです。「もし…」と心配するみんなにエマは「撃たなかった」「追い出したかっただけ」と言い切ります。

その時でした、「バズッ!」とい音とともに銃弾がエマのほほをかすめました。

「はったりじゃねぇよ」という男に対し、「ほら、外した」と男がわざと外したこと、自分の判断が正しいことをみんなにも男にも言うのでした。

エマの推理では、男は自分たちがいては困る、しかし自ら殺めることはしたくない。というものでした。つまり男には良心がありその呵責に苛まされたくないというのがエマの推理なのです。子供たちも、追い出すという面倒なことよりも殺す方が手っ取り早いと言い出します。男はそんな言葉を否定して「次こそあてる」「嘘じゃない」と言いますが、この状態では強がっているようにしか見えません。

しかし、エマは「出ていかないし、ペンも渡さない」と宣言します。それは、男が言った、「仲間」「希望」「情け」はむだ という言葉への反論なのです。子供たちは全員で男を凝視し、結束の固さをその瞳に物語ます。

それも見た男に変化が現れます。足が震えだし、頭を抱え、息が荒くなりぶつぶつと呟きだしたのです。明らかに病的な男。そして横を見て突然…

「ルーカス、お前は黙ってろ」と吠えるのです。
その直後、「いやだ、いやだ」と苦しみはじめ、その後「マズイ・・・奴らだ」と言ってその場に倒れたのでした。

男は気絶してしまい、ドンとナットが見張となります。その間にみんなでシェルター内を探索します。

いろいろ調べているとイベットがある部屋に異様な雰囲気を感じました。そして、アンナと共にその部屋をのぞき込むと…

その部屋は両側に2段ベッドがあり、真ん中にスペースがあります。

しかし異様なのは、その部屋の壁中にいろんな言葉が書いてあることです。
真ん中にひときわ大きく 「Poachers(密漁者たち)」 と書いてあり、その言葉には大きくXが何度もしてあります。
さらにその下には Help Help Help Help Help Help Help Help ・・・と

上段ベッドの裏には 「LIAR(嘘つき)」

下段ベットの壁には 「Andy」「Pedro」「Maria」… そして 「Lucas(ルーカス)」の文字も…

 

男が叫んでいたルーカスとはこのことなのでしょうか?
「Andy」「Pedro」「Maria」とはここにいたグローリー=ベルの子供たちことなのでしょうか?
嘘つきとはミネルヴァのことなのでしょうか?

ルーカスは生きているのでしょうか…

 

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(ネタバレ)

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.