約束のネバーランド 第68話(速報・考察)こんなもんだよ

 

 

第68話 こんなもんだよ

終わった

街中に音楽が鳴り響いた。
それは狩りの終わりを告げる安堵の音だった。
「終わった…逃げ切れた」
ホッとするエマ。
年長者たちはすぐにけが人の手当てに奔走している。
その声に、エマはテオ、モニカ、ジェイクの生存を気に掛ける。
しかしそこにいたのはテオただ一人であった。

私は君の”敵意”が欲しい

「賢い君ならそうすると思ったよ。」
レウウィス大公は、賢いエマであれば風下に逃げろと指示することを読み切って先回りしていた。
その知略に落ちたテオ、モニカ、ジェイク。
レウウィス大公はじわじわとまさに獲物を狩るように3人を追いつめる。
「兎狩りの趣味はないが、すべては君をより強く、美味しくするため」

私は君の”敵意”が欲しい

その時だった、「テオ、逃げろ!」

ジェイクはついさっき、怖くて動けなかった自分を省みて、自らを盾としてモニカとテオを守ろうとした。
そして…

レウウィス大公のエマへの執着はそれだけにとどまらなかった。
次の瞬間にはモニカもまた散った。
エマへその事実を知らせるためのメッセンジャーとして唯一、テオだけが逃がされた。
悲しみに泣け叫ぶテオをただ見守ることしかできないエマであった。

あんたはよくやった

そのころ鬼たちは狩った獲物(食用児)を料理して食事会を開いていた。
鬼たちは、今日の狩りの様子を談笑しながら舌鼓を打っているように見える。

「何人死んだ?」
「今日は計4人だ」
「…いつも通りか」

「落ち込んでいるの?」
「こんなもんだよ。毎回、必ず誰かが死んでいく」
「ジェイクとモニカは救えなかったけど、その分救った命もあるだろ」
「あんたはよくやった」
うなだれるエマに、そう言葉をかける少年。

我が名はレウウィス

「君は生かす。君たちはまだ殺さない。」
「憎しみを糧に私を殺しに来るがいい。あの赤毛の子にも伝えてくれ。我が名はレウウィス。」
(君も私を狩りに来給え。」

約束のネバーランドが安い! 家にいながら、いますぐ、買えます!場所も取らない

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(ネタバレ)

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.