約束のネバーランド 136話 「迷路」 ネタバレ 7つの壁とはなにかを解明…しかし、レイが…エマが…

それは東西南北上下はそのまま方向を示している。
つまり空間を現してる。
そして砂時計は時間を表している。
空間と時間…それが7つの壁…
それを超えて来いとはxxxはどうしろと言って行っているのだろうか…

 

↓ こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

↓ 前話はこちらから

 

 

約束のネバーランド 136話 「迷路」 ネタバレ

 7つの壁とは何かを解明

繰り広げらる迷路…

 

レイとエマはまったく同じ…いや、ほんの少しだけ違う部屋に100回以上舞い戻ってくるという迷路を彷徨っていた。

 

その繰り返しをただ無駄に過ごしていたレイとエマではなかった。

 

迷路を彷徨ううちに

 

まず北へ10里

次に東へ10里

次に南へ10里

次に西へ10里

天へ10里

地へ10里

 

砂の間で矢が止まり

日が東へ沈むとき

地が哭き壁は現れる

彼と我らを隔つもの

即ち七つの壁なり

 

 

の謎を解いていた。

 

それは東西南北上下はそのまま方向を示している。

 

つまり空間を現してる。

 

そして砂時計は時間を表している。

 

空間と時間…それが7つの壁…

 

それを超えて来いとはxxxはどうしろと言って行っているのだろうか…

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

 時間…

やっとのことでレイとエマは砂漠にでる。

 

「砂漠…」

 

「やっと見たことねぇ場所に出た」

 

 

ここで時間を時間を止めて巻き戻すことができれば…と考えるエマ…

 

その時だった…

 

エマお体がどんどん縮んでいく…いや、時間がを逆行し、若返りしていく…

 

そして赤ん坊になったかと思ったらパズルのピースのようにばらばらになりに宙に放たれた。

 

エマを失ったレイは逆に時間が一気に進み、老化が始まった…

 

じーさんになったレイ…

 

朽ち果て、地面に倒れ伏し、死を待つだけ…

 

その時だった…子供のエマが戻ってきた

 

「レーーーイ 私分かったかもしんない」

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

約束のネバーランド 136話 「迷路」 感想と大考察

エマがわかったこと...

それはもちろん7つの壁ののり越え方^^;

 

マカオンには何もわからない…^^;

 

砂の間で矢が止まり

日が東へ沈むとき

地が哭き壁は現れる

彼と我らを隔つもの

即ち七つの壁なり

 

これがヒントなんだよな~

 

どんなアクションが必要なんだろ…?

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

無料試し読みOK!

 「約束のネバーランド」 を読むなら

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

イーブックジャパン ホーム

メアドかyahoo  ID ですぐに無料会員に^^

漫画・アニメはこちらがお得^^

アニメ好きの方はこちらがお得^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。次話はこちらから^^どうぞ

現時点での最新レビューです^^

 

こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

-約束のネバーランド(ネタバレ), 約束のネバーランド(大考察)
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2020 All Rights Reserved.