約束のネバーランド 129話 「背負うべきもの」 ネタバレ ノーマンのみてきたもの...それは食用児の地獄

ノーマンが背負っているものは全食用児の恨みや憎しみ、怒り...そういったものをすべて背負っているといっても過言ではない。なぜなら、たとえノーマンがムジカと出会っていたと仮定しても、食用児たちの怒りの矛先を鬼に向けなければその怒りは収まることはないからだ。

 

↓ こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

↓ 前話はこちらから

 

 

約束のネバーランド 129話 「背負うべきもの」 ネタバレ

 バーバラの発作

ノーマンは幹部たちをさがして地下へやってきた。

 

そこには鬼が囚われ実験台にされていた。

 

幹部たちはエマとレイをいい奴と認めながらも鬼に同情する二人の気持ちが理解できず許せなかった。

 

それは彼らが改造によって今もその後遺症で苦しんでいるからだ。

 

「鬼と友達? なんでだよ なんなんだよ 鬼ってのはそういうんじゃない...! そういうんじゃないだろう...⁉ あ”... くそっ...!! ぐっ... あ”...!! 来た 割れる... 頭が…」

 

過去の...鬼によってなされた手術の後遺症に苦しんでいるのだ。

 

その症状はどんどん深刻化している...

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

 ノーマンの背負うもの

餌にされるだけでなく、品種改良のため、実験材料にまでされる食用児たち

 

その生の現場を見てきたノーマンはその不幸を繰り返したくないと強く思っている

 

(救いたい 僕はエマ達も シロス達も 仲間全員を そのためならばね 僕は神にでも悪魔にでも喜んでなるよ エマ)

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

約束のネバーランド 129話 「背負うべきもの」 感想と大考察

ノーマンが背負っているものを大考察

ノーマンが背負っているものは一体何なのだろう?

 

それは個人的な憎しみや怨みではない。

 

全食用児の恨みや憎しみ、怒り...そういったものをすべて背負っているといっても過言ではない。

 

なぜなら、たとえノーマンがムジカと出会っていたと仮定しても、食用児たちの怒りの矛先を鬼に向けなければその怒りは収まることはないからだ。

 

ノーマンはすべてを一人で抱え込もうとしている。

 

まるであの時のように。

 

エマとレイはそれに気づいたからこそノーマンを止めようとしているわけだが、そこまで考えているとは思えない。

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

命を大考察

以前、命の尊厳について大考察したが、

約束のネバーランド考察:命の尊厳 を考察

命の尊厳 を考察 もしかするとこの作品にはは深いメッセージ性が込められているかもしれません。   食べるという行為 を考察 命を食べるというのは、私たち人間も同じです。   そして ...

続きを見る

 

この約束のネバーランドという作品ではさらに、過剰な生き物の摂取は殺戮であり、そこからは憎しみしか生まない。

 

そしてそれは連刺するということを私たちに教えてくれている

 

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

 

無料試し読みOK!

 「約束のネバーランド」 を読むなら

「約束のネバーランド」を安く買っちゃおう^^/

イーブックジャパン ホーム

メアドかyahoo  ID ですぐに無料会員に^^

漫画・アニメはこちらがお得^^

アニメ好きの方はこちらがお得^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。次話はこちらから^^どうぞ

現時点での最新レビューです^^

 

こちらも読んでみて下さい^^

約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN

 

-約束のネバーランド(ネタバレ), 約束のネバーランド(大考察)
-,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.