「総理の椅子」全9巻 のネタバレと感想と 「総理の椅子」とは「戦争」を起こせる椅子…まさにいまの日本は…

2020年1月27日

それは少女を買春する写真だった…
「ここは私に任せてくれませんか…? わたしが話をつけてきますので...」
それは、仲阪を…いや日本国を奈落の底に落とす小さな小さな、そして確実な一歩だった…

だから、「総理の椅子」全9巻 はおもしろい^^

「総理の椅子」全9巻 を無料で読んでみる^^

facebookはこちら

※完全無料漫画は期限がある場合があります。いそげ~~~^^/

「総理の椅子」全9巻 のネタバレと感想と 

ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてね^^

 

↓ こちらの超サスペンスも^^

 

 

登場人物

白鳥 遥

政治家を目指す若き青年。

しかしその裏のには壮大な野望が…

 

仲阪典英

白鳥に踏み台にされる代議士。

 

「総理の椅子」全9巻 のネタバレと感想と^^

この「総理の椅子」という作品は、美女のときめき漫画でもおなじみの国友やすゆき先生のサスペンス漫画だ。

国友先生の作品だけあって人間交錯や人の墜ちる様が見事に描かれている。

人とは野望のためにここまで冷酷になれる生き物なのか?

人の皮を被った悪魔といった印象を受けた。

決して政治的要素の強いお堅い漫画ではない^^

そしてときめきの要素も入り見事な大人作品ではないかと思う。

 

国会議員選挙を戦っている仲阪のもとに、白鳥遥という若者がやってきた。

白鳥は仲阪の政治思想に感銘し協力したいと申し出たのだった。

白鳥は誰よりも早く事務所に来て掃除をし、

そして誰よりも遅くまで働いた。

そればかりか容姿端麗なその風貌から、ビラをさばく量も他のものの比ではないほどだった。

思わず良い駒を手に入れたとほくそ笑む仲阪だったが、ある日…

「これを… ご覧ください」

それは仲阪が視察という名目で訪問したR国で少女を買春する写真だった…

「ここは私に任せてくれませんか…? わたしが話をつけてきますので...」

それは、仲阪を…いや日本国を奈落の底に落とす小さな小さな、そして確実な一歩だった…

 

白鳥の目標… それは、

「日本国民を戦争の渦に巻き込むこと」

だった…

そのために仲阪の秘書に、そして国会議員に、さらには総理大臣へとステップアップしていくのだった…

それもすべて「日本で戦争を起こす」ためだった。

その理由は…?

一体なんのために…?

隠された白鳥の過去とは…?

 

「日本国民を戦争の渦に巻き込むこと」

「日本で戦争を起こす」

ってキチガイとしか言いようがない!!

しかし、よく考えてみて欲しい…

いまの日本は憲法9条改正をしようとする奴がいる。

そいつも同じ椅子に座っているではないか。

つまり、今の日本は戦争突入に向かっているともいえるのではないだろうか?

実際の憲法改正には国会で3/4以上の賛成

そして、国民投票で過半数が必要なのだ。

この作品を読んで是非戦争の悲惨さ、権力の怖さを自分にしみこませて、

憲法改正反対に1票を投じて欲しいと願う。

そのためにもこの作品をぜひ読んでみて欲しい^^

 

登場人物:ほんとうの姿…

白鳥 遥

政治家を目指す若き青年。

しかしその裏のには壮大な野望が…それは、「日本国民を戦争の渦に巻き込むこと」

T大卒業で頭脳明晰、容姿端麗…

男も女も…いや、妻や魏父母まで利用し、自分の野望を遂げようとする

 

仲阪典英

白鳥に踏み台にされる代議士。

しかし、それには隠された白鳥との過去がある…

 

無料試し読みOK!

「総理の椅子」全9巻 を無料で読んでみる^^

 

お得な情報がいっぱい^^

Yahoo運営のebookjapan は安心でお得がいっぱい ^^

PayPayも使えます^^

 

アニメでも楽しみたい方はこちら^^

なんだってー! 動画が31日間 完全無料!!?

 

試し読みはこちらから

「総理の椅子」全9巻 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

現時点での最新レビューです^^

 

こちらも読んでみてください^^

-サスペンス, ヒューマンドラマ, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2020 All Rights Reserved.