進撃の巨人 23巻(91~94話)

投稿日:2017年8月21日 更新日:

進撃の巨人 23巻

 

Ⅲ 主な登場人物 Ⅲ

ガビ(エルディア人)
「鎧の巨人」の後継者をに夢を馳せる

 

コルト(エルディア人)
「獣の巨人」の後継者と目されている

 

ライナー(数年後)
「鎧の巨人」であり、記憶障害を患っている。

 

Ⅲ 第91話 海の向こう側 Ⅲ

23巻は前巻の数年後の世界、場面もマーレ軍の最前線に移っている。

マーレ軍(エルディア戦士候補生たち)はスラバ要塞攻略に来ていた。
ガビの予想ではこの戦闘で「鎧の巨人」の後継者を決めるのではないかと言う。


ガビは自分が「鎧」を継承してバラディ島を制圧することでエルディア人を収容区から解放するという覚悟を強く持っていると、他の戦士候補生に公言するのである。
「鎧の巨人」の後継者ということはライナーの死期が近いことを意味している

連合は「九つの巨人」すら一撃で倒せる100mm砲を備えた装甲列車を繰り出し巨人に備え始めた。
コルトは「顎(あぎと)」と「車力」の2体で一斉制圧をマガト隊長にに提案する。
しかしマガト隊長は9年来の「始祖の巨人奪還計画」が失敗に終わり、意に反し「女型と「超大型」を失ったことを引き合いに出してコルトの意見を却下する。

装甲列車がマーレ軍に近づいて来た時ガビが列車破壊の任務を志願する。もちろん「鎧」継承のアピールである。
ガビは見事任務を成功するが連合の機関銃に狙われる。
そのピンチを救ったのは「顎の巨人」であった。

Ⅲ 第92話 マーレの戦士 Ⅲ

ガビの列車爆破を契機にマーレ軍は一気に要塞に攻め入る。まず陸からはエルディア人と「顎(あぎと)の巨人」が要塞周辺を攻撃する。
その後、空からエルディア人をパラシュート降下させる。降下中にジークが叫ぶとエルディア人は無垢の巨人に変身した。それらを要塞内にを落下させる。
無垢の巨人達は内から連合軍兵士を貪る、
そして「獣の巨人」=シークと「鎧の巨人」=ライナーが参戦する。
こうしてスラバ要塞は陥落したのである。
「獣」=ジークは軍港にいた中東連合艦隊に岩を投げつけこれを撃破した。
こうして4年に及ぶ中東連合とマーレの戦争はマーレの勝利で終結したのであった。

しかし、今回の戦闘で艦隊の砲撃を受け「鎧」=ライナーも大きなダメージを受けたのである。

 
マーレは巨人の戦闘力だけでは新たな兵器に対抗できなくなる日も近いと考え「始祖の巨人」奪還の必要性に迫らられるのである。

Ⅲ 第93話 闇夜の列車 Ⅲ

世界の戦闘事情は大きな転換期を迎えていた。それまで巨人は敵なしだった。しかし各国の兵力が巨人の力を上回り始めた。
マーレ軍はその変化に恐怖と懸念を感じていた。
陸ではまだ巨人の力で優位を保つことあできるかもしれない。
しかし、主戦場が空に移った場合巨人の力は及ばず、爆撃による攻撃を防ぎきることはできない。
悲観するマーレ軍減衰に対し「獣の巨人」=ジークは今一度「始祖の巨人」奪還を提案する。
それは、マーレ軍の軍事量が世界水準に届くまでは時間が必章でありその間、マーレを守るためには巨人の力を強化するしかないというものである。
元帥は党会議に提案するとした。

帰途、コルトはジークに訊いた。
ジークの骨髄液を投与したエルディア人はジークの叫び声で巨大化したり、月が出ていれば夜も行動できるのはなぜかを訊いた。王家の血筋でもないのにと。
ジークはその問いをはぐらかした。しかし「獣」を継承するコルトには秘密が分かってしまうと告げる。


そこへやってきたマガト隊長含め3人はバルディ島攻略について相談する。
ジークの見立てでは島の連中は「始祖」、「超大型」、「女型」、「進撃」の4体を保有しているというものである。
そのうち「始祖」と「進撃」はエレンが保有している。
「女型」と「超大型」は死んではいない。戦艦の迎撃に巨人は2体以上いる。
というのがジークの見立てである。

マーレ軍勝利を祝うエルディア人たち。酒場にはライナーや戦士候補生たちが祝杯をあげていた。
ライナーはエルディア人の未来を嘆き、ファルコにガビを救えと強く言うのであった。

Ⅲ 第94話 壁の中の少年 Ⅲ

ガビたちは故郷レベリオに帰ってきた。
ファルコは昨晩のライナーの言葉を思い出す。
そして推察する。「ライナーもエルディア人を戦争から解放したいのではないか」と。

帰還した兵士たちは家族との再会を喜ぶ。
喜びの声と戦果の報告、それを喜ぶ家族の声があちこちで聞こえてきた。
ライナーはバルディ島でのことは機密としながらも補つりぽつりと話し始めた。


島は地獄で、島の連中はまさに悪魔で残虐非道な連中だったと。
それは、エレン、ミカサ、アルミン、サシャ、コニー、ジャンたちであった。
その晩、ライナーは幼少期の自分を思い出していた。
エルディア人を、いや、世界を救うと誓った自分を。

第23巻を読み終えて

場面も年代も変わって新展開となった。場面は壁の外…いや、世界に変わった。
20巻~22巻で巨人の秘密が明らかになったがエルディア人の今、そしてマーレとの関わり、今の世界的立場を明確にしてある。
進撃の巨人を除く、九つの巨人が選ばれるまでのストーリが今後展開されるのではないかと予想される。
そして同時に、ライナー、ベルトルト、アニーが選ばれた理由も回想されるのではないかと思われる。
その過去が判明したときバルディ島でエレンたちとの決戦があるのではないか?
ジークの寿命が1年、ライナーは2年ということからバルディ島での決戦が彼らの遺志を継ぐ者が誰なのか?そしてその後どうなるのかも楽しみになるところでもある。

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

2019/4/19

「なんでここに先生が!?」3巻 のネタバレと感想と 

寝返りをうったひかりとさらに密着度は上がりひかりのち○びに隆の口元が^^;なんとかひかりのち○びから口を離そうとするが逆にレロレロしちゃう隆^^;気持ちいいのかひかりの身体が小刻みにピクンピクンと痙攣する。 だから、「なんでここに先生が!?」3巻 はおもしろい^^ 「なんでここに先生が!?」3巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「なんでここに先生が!?」3巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「なんでここに先生が!?」3巻 を無料で読んでみる^^   ↓ ...

続きを読む

2019/4/17

「なんでここに先生が!?」2巻 のネタバレと感想と ロリっぽいのに超グラマー^^そして超びんかん^^

ロリっぽい顔つきに超強烈ボディはエロさ満点だ^^しかも松風先生は超びんかん^^放送室のコードが絡まるとか傘の持ち手があ〇こに食い込むとか、水道の水が当たるとか、洗濯機の振動でかどオ〇になっちゃうとかでびんびん逝きまくる姿はときめきすぎる^^ だから、「なんでここに先生が!?」2巻 はおもしろい^^ 「なんでここに先生が!?」2巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「なんでここに先生が!?」2巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「なんでここに先生が!?」2巻 を無料 ...

続きを読む

2019/4/16

約束のネバーランド 131話 ネタバレ この姿は…女王レグラヴァリマを大考察

豪華なドレスを着て鼻が隠れるまでの面をつけている。口元は…人間と同じように見える。ゆびもある...5本あるようだ…この面、この口元…見たことが…この人間に酷似した鬼の姿は…   ↓ こちらも読んでみて下さい^^ 約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN   ↓ 前話はこちらから     約束のネバーランド 131話 ネタバレ 新しい世界へ エマとレイは記された通り神式を行い新しい世界へ旅立つ。   心配する子供たち   「じゃあ 行って来 ...

続きを読む

2019/4/12

「人形の国」3巻 のネタバレと感想と エスローとケーシャ…戦いは加速する…そして強敵現る

しかも、延々と戦いを上長的に繰り広げるのではなく、割とあっさり目に勝っちゃうのだ^^;これってストレスがないばかりか、「えっ? もう勝っちゃたの? 今後どうなるんだろう?」というストーリーの全貌が大きく物語が深いことを読者に感づかせることにもなる。 だから、「人形の国」3巻 はおもしろい^^ 「人形の国」3巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「人形の国」3巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「人形の国」3巻 を無料で読んでみる^^   ↓ 前巻はこちら ...

続きを読む

2019/4/10

「人形の国」2巻 のネタバレと感想と ついに宿敵イーユを討ち果たす!

この2巻はエスローたちが仲間を増やしリベドア帝国に一矢報いる展開になっている。実に気持ちのいい展開だ^^格闘ものだと「毎回やられそうになりながら、底力でやっつける」この繰り返しだが、人形の国はそこまで苦労してない^^;圧倒的強さでもない^^; だから、「人形の国」2巻 はおもしろい^^ 「人形の国」2巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「人形の国」2巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「人形の国」2巻 を無料で読んでみる^^     ↓ 前巻 ...

続きを読む

2019/4/9

約束のネバーランド 130話 「報告」 ネタバレ 今回はつなぎ...その「あとに来るもの」 を大考察

しかし、あえて言えば、この約束のネバーランドという作品は、いや、白井カイウ先生はドラマチックな原作を書かれる方ということと、エマとレイ そして ノーマン 、ムジカ xxx これらの立場と関係性を鑑みればマカオンの推理はそう驚くことでもなく、   ↓ こちらも読んでみて下さい^^ 約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN   ↓ 前話はこちらから     約束のネバーランド 130話 「報告」 ネタバレ  吹っ切れたエマ エマは仲間たちに鬼を滅びしたくないこと ...

続きを読む

2019/4/8

「俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~」4巻 のネタバレと感想と 新章突入^^ 揺愛と亮も微妙な関係に⁉

「ねえ、君さここから飛び降りてみてよ」4階から飛び降りれという揺愛。すでに政界、実業界のフィクサーである祖父の実質的な後継者であった揺愛には高校生といえども不可能はなかった。「ねえ、私をレイプしてよ」 だから、「俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~」4巻 はおもしろい^^ 「俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~」4巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~」4巻 です。 ぜひ、紹介文を読 ...

続きを読む

2019/4/3

「拷問トーナメント」4巻 のネタバレと感想と 第一章完結...この泥沼は沈むしかない...

拷問という手段を用いて憎しみとか妬みとか、身勝手さといった人の負の部分を表面化させるところに「こいつ、きったね―マネするな~」と思いその時に現実の自分を正当化し、優位であると錯覚することで没入していくものだったが、今回はなにか下手なドタバタ刑事ドラマを読んでいる感じだ。 だから、「拷問トーナメント」4巻 はおもしろい^^ 「拷問トーナメント」4巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「拷問トーナメント」4巻 です。 ぜひ、紹介文を読んで、試し読みしてください。 ↓↓↓↓↓ 「拷問トーナメント」4巻  ...

続きを読む

2019/4/2

約束のネバーランド 129話 「背負うべきもの」 ネタバレ ノーマンのみてきたもの...それは食用児の地獄

ノーマンが背負っているものは全食用児の恨みや憎しみ、怒り...そういったものをすべて背負っているといっても過言ではない。なぜなら、たとえノーマンがムジカと出会っていたと仮定しても、食用児たちの怒りの矛先を鬼に向けなければその怒りは収まることはないからだ。   ↓ こちらも読んでみて下さい^^ 約束のネバーランド 考察約束のネバーランド BN   ↓ 前話はこちらから     約束のネバーランド 129話 「背負うべきもの」 ネタバレ  バーバラの発作 ノーマンは幹部 ...

続きを読む

2019/4/1

「死んじゃうくらいの快楽を」1巻 のネタバレと感想と ときめきシーンが多いぞ!

ち○ぽに両手を添え舌を使って、絡めつつくようにレロレロと下から上へなめ上げる節子...(旦那さんにもこんなこと...したことなかった)「んふ ん んっ... あ...やっ...そんな舐めたら んんっ」ぴちゃ ぴちゃ ちゅぱ「あ...ぁ そんな 広げない...でぇ... は、はずかし...っ ひん あっ あ あっ あひっ」 だから、「死んじゃうくらいの快楽を」1巻 はおもしろい^^ 「死んじゃうくらいの快楽を」1巻 のネタバレと感想と  今日、紹介するのは、「死んじゃうくらいの快楽を」1巻 です。 ぜひ、紹 ...

続きを読む

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで受信できます。
いろんな漫画情報をお届けしまーす^^
もちろん無料ですよ^^

1,112人の購読者に加わりましょう

-バイオレンス, 泣ける, ヒューマンドラマ, ファンタジー, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2019 All Rights Reserved.