「マッドサマースクール」3巻 のネタバレと感想と D計画と消えた段上博士の謎が…

2019年12月16日

桜井の反撃に迎撃した日熊は、自分たちは抵抗勢力であり寺田のデータを持ち出すことが目的だと告げた。
そして、『寺田はエリート全員を実験台にするから何とか彼らを助けてほしい』と頼んだ。

だから、「マッドサマースクール」3巻 はおもしろい^^

「マッドサマースクール」3巻 を無料で読んでみる^^

facebookはこちら

※完全無料漫画は期限がある場合があります。いそげ~~~^^/

「マッドサマースクール」3巻 のネタバレと感想と 

ぜひ紹介文を読んで、試し読みしてね^^

 

↓ 前巻はこちらから

 

 

[st_toc]

登場人物

段上ヒロミ(祥美)

ホームでトラブルに巻き込まれ刺される。

D計画の実験台

 

小川綾乃

ヒロミの同級生。ヒロミを見下している。

 

未来人エクスペリメント

未来のエリート集団育成。

じつは優秀な人間を強化する悪魔的な計画。

 

寺田明夫

D計画の研究員。

 

キトラスビル

全国から秀才を集めエリート教育を実施している。

 

高橋トモコ(智湖)

キトラスビルで知り合ったエリートのひとり。

全身に包帯を巻き、ヒロミに助けを求める。

 

藤原

エリート集団のひとり。

D計画の被験者

 

「マッドサマースクール」3巻 のネタバレと感想と^^

話は1年前にさかのぼる。

 

久保と寺田はD計画の進捗について話をしていた。

 

上々の成果に機嫌のいい久保…

 

それに反し、研究にしか興味のない寺田…

 

キトラスビルを丸ごと使って実験をしたいと言う寺田…

 

研究費用は俺に任せろと豪語する久保だが、

 

「そのかわり段上のようにはなるなよ」

 

と釘を刺すのだった。

 

「俺は…逃げたりしない」

 

冷たく、そう口にする寺田だった…

 

このシトラスビルを丸ごと使って実験したいっていうのは寺田の悲願だったようだね。

しかしなんでそんな大掛かりな実験をしたいんだろうなぜシトラスビルなんだろう?

 

 

エリートの沢田は生き残っている人数を把握し一覧表にしていたそれによると

梅本将吾

藤原広和

日熊資泰

原田萌

長谷川健太

谷瀬優

沢田桜

段上ヒロミ

成田陸

川村利之

小川綾乃 + 高田英人(付添い)

高橋トモコ ?

責任者 桜井悠司(ヘリ操縦員)

コンシェルジュ 篠原有里子

従業員10名弱

となっている

 

ここで大事なのはなんといっても桜井だ。

なぜならヘリの操縦ができるからだ。

逃げ場所がないこのビルからはもう空からの脱出しかないと言うことってなんだろう

 

日熊は桜井の様子を見に行った。

 

ぐっすり眠っていることを確認し部屋から出ようとした時、桜井が反撃してきた。

 

桜井の反撃に迎撃した日熊は、自分たちは抵抗勢力であり寺田のデータを持ち出すことが目的だと告げた。

 

そして、『寺田はエリート全員を実験台にするから何とか彼らを助けてほしい』と頼んだ。

 

都合の良いことだと反論する桜井だったが、その時日熊の無線にシェルターの温度が44度に足したと報告があった

 

つまりそれは暴走した実験体がビルの中を何体も徘徊していることを意味していた。

 

日熊のことが心配な小川は日熊の部屋に入り無数の薬薬を発見した。

 

そしてそこである写真を見つけた。

 

その写真に写っていたのは酸素マスクをしてベッドに横たわる人と元気そうにポーズをとる幼い頃のヒロミ、そしてヒロミの父親だった。

 

 

さぁ危険な匂いがしてきたよね。

 

暴走した実験体に追われながらこの密室でビルの中を逃げ惑う…

 

そしてどうやって外に脱出するかって言うところが今の最大のミッションだね。

 

それとなぜ日熊が幼い頃のヒロミの写真を持っていたのかこれも大きな謎だ。

 

そして大量の薬これは日熊も藤原と同じようにDパラサイトを既に寄生された人間であることを意味してるね。

 

 

実験体から逃れるために屋上に向かおうとヒロミが提案する。

 

ヒロミと梅本は藤原を確認しに行った。

 

しかし浴槽に血だらけの残骸が残っているだけで藤原の姿がそこにはなかった。

 

その時ヒロミの視覚に変化が起きた。

 

その血だらけの浴槽に藤原の姿が見えたのだ。

 

脱出しようと梅本に促され、他のみんなと一緒に階上を目指すヒロミ達…

 

32階に到達した時、ヒロミはそこでトモコと出会う

 

トモコは自分の能力をみんなに見せ付け、自分が完全体であることを誇示する。

 

そして同じように感染しているヒロミとの結合を望んだのだ。

 

つまりDパラサイト同士の融合である。

 

それは粘膜を通して行われるようでトモコはヒロミにキスをし、激しく舌を絡めようとした。

 

そればかりか片方の手でヒロミの股間をまさぐりそしてDパラサイトまるで男のち○ぽのように変形させトモコの股間を貫こうとしたのだった。

 

トモコは将来それなりに裕福な生活を送ることが目標でそれはある意味諦めでもあった。

それは圧倒的な男女の差による諦めだった。

いくら男女平等とは言え、男は子供は産めないし、力では女は男にかなわない…

それで何が平等なのかわからないよね…

あくまでも精神的そして権利でしかないわけだ。

肉体的には決して平等にはなり得ない。

しかしここで新しい肉体を手に入れたトモコのその考え方が変わったと言うわけだね。

それはトモコの考え方や人生観そのものが大きく変えたんだ。

諦めていたものを手に入るこれって人間を変えるには充分な魅力だよね。

 

絶体絶命の時、日熊が現れトモコにDパラサイトの抗体を打った。

 

それによってトモコは撃退できたがヒロミは大きな傷を負う。

 

ヒロミが屋上までもたない…と判断した日熊はヒロミを一旦クールダウンさせるために冷却装置のある実験棟の近くまで連れて行くと言う。

 

そこへやってきた桜井は他のみんなを先導して屋上へ向かうことにした

 

日熊は桜井に抗体を渡してみんなを託した。

 

 

日熊が命をかけてまでヒロミを助ける理由は実はヒロミの父親 段上祥平 博士にあった。

 

日熊は失敗作だった。

 

それ故、研究機関から支給される薬がなければ生きていけない。

 

本来廃棄処分だった日熊を段上博士は温かく育ててくれたと言うのだ。

 

しかしDパラサイトを造った父を責めるヒロミ…

 

日熊は真実を語り始めた…

 

段上博士はD計画を止めさせようとしていたのだ。

 

しかし、キトラスビル社長 久保修太朗 と D計画 共同研究者の寺田明夫 がそれを阻止しようとした。

 

なぜなら、D計画が成功すれば莫大な金が動くからだ。

 

そこで段上博士の悪評を流し、事故を隠蔽し、自らラボを去ったように見せかけたのだ

 

真実を知ったヒロミは父親への大きな愛情と、そして父親をはめた寺田と久保への怒りが爆発した。

 

そのことでヒロミは覚醒した。

 

「父親に会いたいか? 段上ヒロミ…」

 

そういったのは寺田だった。

 

そして真実を、祥平のことを知りたければ42階の自分のところに来いと言うのだ…

 

しかしそこは他の実験体がひしめくまさに修羅場だった。

 

寺田は真実と言う餌で自分の傑作であるヒロミを他の実験体にぶつけようしてるんだよねー。

どこまでも腐った奴…なんだろう寺田ってやつは。

そして謎なのは消えた段上博士だよね。

死んだとはだれも言ってないんだ…

めっちゃ嫌な? 最悪の? 予感しかしないーーー

そしてヒロミは元の身体に戻ることができるのだろうか???

第4巻がとっても楽しみだ

 

登場人物のほんとうの姿

段上ヒロミ(祥美)

ホームでトラブルに巻き込まれ刺される。

D計画の実験台

 

小川綾乃

ヒロミの同級生。ヒロミを見下している。

 

未来人エクスペリメント

未来のエリート集団育成。

じつは優秀な人間を強化する悪魔的な計画。

 

寺田明夫

D計画の研究員。

 

キトラスビル

全国から秀才を集めエリート教育を実施している。

 

高橋トモコ(智湖)

キトラスビルで知り合ったエリートのひとり。

全身に包帯を巻き、ヒロミに助けを求める。

 

藤原

エリート集団のひとり。

D計画の被験者

 

無料試し読みOK!

「マッドサマースクール」3巻 を無料で読んでみる^^

 

お得な情報がいっぱい^^

[st_af name="ebookjapan%e3%80%80%e7%84%a1%e6%96%99%e6%bc%ab%e7%94%bb"]

 

アニメでも楽しみたい方はこちら^^

[st_af name="u-next"]

 

試し読みはこちらから

「マッドサマースクール」3巻 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

「マッドサマースクール」4巻 のネタバレと感想と ついに完結!! ヒロミの命運は? 段上博士の行方は…?

「それなら合わせてやる」 と言ってコールドカプセルをヒロミに見せた… その中には段上祥平が眠っていた。 怒り狂うヒロミは体中からDパラサイトが噴き上がる… だから、「マッドサマースクール」4巻 はおも ...

続きを見る

 

こちらも読んでみてください^^

 

-サスペンス、ホラー、ミステリー、バイオレンンス
-,