約束のネバーランド考察:エマ vs レウウィス大公 を考察

約束のネバーランド考察:エマ と レウウィス大公 を考察

A08-63 通称ゴールディ・ポンドと呼ばれる秘密の狩猟場で、

 

密猟者の一人である強者、レウウィス大公にエマは狙われます。

 

それはエマの戦闘能力、鬼への反抗心がレウウィス大公の戦闘意欲を掻き立てる逸材だからです。

 

この戦いを大胆予測してみます。

約束のネバーランド考察:単独ではなく組織的な戦い を考察

この先二人は命を懸けて戦うことになるのは必至です。

 

しかし、その戦いは

 

エマ VS レウウィス大公 か 

 

子供たち VS 密猟鬼 

 

のどちらの構図になるのでしょうか?

 

これは、子供たち VS 密猟鬼 になると考察されます。

 

その理由は、

 

エマ VS レウウィス大公 の場合、エマが勝利すれば、

 

猟場のオーナーであるバイヨン卿は、それをネタに大々的に他の密猟者たちを集客したいはずです。

 

しかし、ここはあくまでも秘密の猟場。

 

そんな大っぴらなことはできません。

 

またエマにしてもレウウィス大公一人を倒してもそれは火の粉を払うだけですから、

 

レウウィス大公に狙われていると知れば、自分以外の子供たちにも火の粉がかかることと全員でここから脱走しようとするはずです。

 

約束のネバーランド考察:狩場 を考察

この猟場へ子供たちは、盗難ではなく輸送されてきています。

 

ということは、猟場のオーナーであるバイヨン卿と農園主とは繋がっていることになります。

 

密猟者たちからもっと骨のある狩りがいのある獲物が欲しいとでも言われたバイヨン卿は、

 

そんな子供を何人も用意することはできないとわかっています。

 

なぜなら、もともと農園の食用児は温室育ちであり牙などありません。

 

食用牛しかいない農場で闘牛を探せと言われても見つけられないのと同じです。

 

そこで、バイヨン卿はGFの農園主に相談したところ、秘密に気づき脱走を企てている、鬼を恐れず憎んでいる子供たちの存在を知ったのではないでしょうか?

 

その中の一人を猟場に連れてきて、リーダーとして子供たちを組織し、

 

訓練するために(鬼にすれば狩りがいのある食用児にするために)ノーマンがいるのではないでしょうか?

 

もちろん、鬼をすべて殺せば自由に脱走していいとかエサをちらつかせてのことでしょう。

 

これまでのストーリーと次々の変わる展開、

 

そしてこの漫画の最大の特徴は言葉と絵に秘密がたくさん隠されています。

 

 

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(大考察)
-,

© 2020 Manga-ya 漫画屋