亜人 大考察:オグライクヤ

亜人 大考察

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

 

オグライクヤを考察

生物物理学者でトップクラスの亜人研究者です。
99年に渡米しています。
渡米の理由は突拍子もない理論を展開し日本では受け入れられなかったからです。

米軍で研究しているため、
日本人と言えども亜人に関する情報は米国以外には漏らせません。

戸崎に銃を向けられたときに
「この世に未練はない」と言っています。
そこに何か謎があると思います。

オグライクヤのプロフィールを考察

生物物理学者
’99年に渡米。以降、亜人研究ではトップクラス。

渡米後の帰国は、2例目の「田中」以来2度目となる。

その帰国中、佐藤らの永井圭救出作戦に巻き込まれ
戸崎に拉致されます。
その過程でオグラ博士は死亡したと伝えられます。

オグライクヤと岸博士の関係を考察

2度目の帰国の際、
ibmについて談義をぶちかましているときに、
岸博士部屋に入ってきて、
オグラ博士を否定します。

その時、ふたりは嫌味と皮肉を言い合います。

岸博士は、オグラ博士のことを
「オグラ博士」とは呼ばず
「イクヤ君」と呼んでします。

一方、オグラ博士は
岸博士のことを「岸先生」
と呼んでいます。

オグラ博士が、岸「先生」と呼んでいることから
ふたりは元々師弟関係にあったと思われます。
それが今は、たもとを分かつ中になったのでしょう。
それはオグライクヤの突拍子もない理論により
日本では誰にも相手にされないからだ
と岸博士は言っています。

惜しむらくは、岸博士はオグライクヤの明晰な頭脳を
日本でもっと活躍させたかったのでしょう。
しかし、持論を曲げないオグラ博士は
日本を飛び出し渡米したのではないでしょうか。

岸博士はオグライクヤのことを
「オグラ博士」とは呼ばず、
「イクヤ君」と呼んでいます。

師弟関係にあると仮定はしましたが、
「イクヤ君」と呼ぶには距離が近すぎるのではないでしょうか?
これだけ年の離れた間でありながら
ファーストネームで呼ぶというのは
岸博士はオグライクヤのことを
幼少期かr知っていたのではないかと推察されます。

例えば、岸博士とオグラ博士の父親が同じチームで働いていて
オグラ博士を幼少の時から知っている。
当時からイクヤ君と呼んでいる。
と言ったことが想像にたやすいと思います。

オグラ博士の死亡を考察

佐藤が永井圭救出に行った際、
オグラ博士の死亡が確認されます。

しかし、実際には戸崎に拉致されています。

 

 

亜人が団結し人間ではなく亜人に立ち向かう…だから「亜人」はおもしろい^^

 

無料試し読みOK!

「亜人」 を読むなら

今回紹介した

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

試し読みはこちらから

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

 

亜人(大考察)はこちらから^^

 

 

-亜人 (大考察)
-,

© 2020 Manga-ya 漫画屋