亜人 大考察:亜人の死 えっ?亜人が死ぬ? そんなことあるの?@@?

亜人 大考察

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

 

亜人の死を考察

亜人でも死ぬことがあります。これは研究員が秘密を洩らしそうになることからわかります。

 

しかし、佐藤はもっと明確に「亜人は死ぬんだ」と呟いています。

 

(佐藤は「死」の定義にもよると前置きしてから)

 

亜人の再生(リセット)の特性から、もし、頭部が遠くにあった場合、再生された頭、脳、心はオリジナルではない

 

それは本質が自分ではないということになり、すなわち「死」と呼べるというのです。

 

IBMも頭を破壊されると収束しますから亜人にとって(いえ、人間にとってもですが)頭部は重要なのでしょう。

 

中村慎也も自分の頭部を見せられて「おれはすでにおれでなかった」と嘆きます。(中村慎也を考察を参照)

 

しかし…私もそうのですが、ここで疑問に思られる方もいらっしゃるかと思います。

 

頭部が生え変わっても記憶、感情、思想が変わらなければそれは自分と何が違うのか?

 

それは「死」と言えるのか?と考えられるかとも多いのではないでしょうか?

 

それについて圭は中野に説明しているシーンがありますので紹介します。

 


亜人は復活の際離れすぎてしまった部位は回収されず、その部位は回収されず新しく作られる。

これが頭部で起こった場合、新しい頭部が作られ、離れた頭部はそのままそこに残る。
心や、記憶、意識はすべて脳にある。この時お前自身はどこにいる?新しく作られた脳か?…違う

お前は離れた頭部の方だ。
新しい頭部にお前と全く同じに記憶、心は作られるが離れた頭部から意識が抜けだし新しい頭部に移る訳じゃない。

新しい中野は生きているがお前自身は永眠している。
例えば自分と全く同じ記憶・心を持った人間が地球上のどこかにいたとする。そいつが生きてされいれば自分は死んでも構わないと思うか?違うだろ?

これが「頭部で死ぬ」って意味だ。

スワンブマンと呼ばれる思考実験であり「私とは何か」という性同一性障害やアイディンティティの問題を扱う時に使われる理論だそうです。

 

ヒントは「私とは何か」です。「私」というものに注目しています。

 

つまり自分自身が重要になるのです。

 

ここで新たな疑問がわきます。

 

オリジナルが断頭されて、2号になったとしたら2号は自分を守ろうとします。

 

それが3号になっても同じです。

 

常に「私」を守ろうとします。

 

それが叶わなかったとき、つまりオリジナルの頭部が、2号の頭部が、3号の頭部が切り離され、新しい頭部ができた時…これが「亜人の死」の定義になります。

 

こう考えると、逆説的ですが、

 

「亜人は死なない」と言うよりも、「亜人は何度でも死ねる」

 

とも考えることができるのではないでしょうか。

 

このコンテンツタイトルからは外れますが、佐藤はこの定義を自分で圭に伝えながらそれを全く無視した生き方をします。

 

心、意識、記憶が変わらなければ「楽しむ」ことがすべてであり、

 

「楽しむことができる…それができる自分は自分である」という感覚なのかもしれません。

 

死なないのにオリジナルを守ろうとする人間臭さ…だから「亜人」はおもしろい^^

 

無料試し読みOK!

「亜人」 を読むなら

今回紹介した

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

試し読みはこちらから

 

「亜人」 を無料で読んでみる^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。次巻はこちらから^^どうぞ

 

亜人(大考察)はこちらから^^

 

 

-亜人 (大考察)

© 2020 Manga-ya 漫画屋