約束のネバーランド考察:A08-63には何があるか? を考察

 

 

A08-63には何があるか? を考察

オジサンがA08-63に行ったことがあると仮定した場合、

 

A08-63にはなにがあるのでしょう。

 

おそらく、なにもないのでしょう。

 

だからこそ、希望=ムダ とオジサンは言ったのだと思います。

 

追記

この考察ははずしてましたー(><;

約束のネバーランド考察:オジサンはA08-63に行ったことがあるかもしれない を考察

オジサンはA08-63に行ったことがあるかもしれない を考察 GBの子供たちはそこへ行ったことにがある…   そうなのでしょうか?   A08-63にはなにがあるのか? を考察 も ...

続きを見る

 

A08-63へ子供たちを呼ぶわけ を考察

では、ミネルヴァはなぜそこへ誘導したのかと言う疑問が湧いてきます。

 

子供たちの命をもてあそんだのでしょうか?

 

それにしては、手が込みすぎています。

 

ペン、本… こんな手の込んだことをするとは思えません。

 

そして何より、B06-32は実在していますから、A08-63も存在すると考えるべきでしょう。

 

つまり、GBの子供たちは見つけられなかっただけ。

 

なのではないでしょうか。

 

だからこそ、

 

オジサンたちもそんなはずはないと思い、

 

何度もA08-63へ行ってみた。

 

だからこそ、そのルートを2つも確立できた。

 

と考察するとすべての謎が解けると思います。

 

しかし、散々探したがないも見つけることはできなかった。

 

では、そこには何があるのでしょう?

 

それこそ、

 

”七つの壁” に繋がるヒント

 

だと思います。

 

いよいよ新展開? を考察

そして、新展開が始まるのではないでしょうか。

 

第1章 脱獄編が全37話でしたから、

 

第2章も同じ話数で完結するとしたとき、

 

74話までで第2章は区切られます。

 

A08-63に到達して、新しい展開をするにはいいタイミングではないでしょか

 

オジサンの策略 を考察

63話でオジサンはエマかレイのどちらかを

 

A08-63 ゴールディ・ポンドで殺すことを決めます。

 

つまり、ゴールディ・ポンドにはなにか危険があるということでしょう。
(明日…ゴールディ・ポンドで始末する)

 

(下準備もすでに終えた)

 

と言っています。

 

下準備…

 

オジサンは、現時点では直接手を下すことは考えていません。

 

あくまでも事故に見せかけようとしています。

 

それから考察すると、

 

A08-63には地形的に逃げ切れないような場所があり、

 

旅の途中でオジサンはそこに鬼が来るような仕掛けを

 

準備していたのではないでしょうか。

 

そして、そこにエマかレイをおびき出し

 

事故死に見せかけようとするのではないかと考えられます。

 

さらに、

 

 

オジサンたちは何も見つけられなかった? を考察

過去にオジサンたちは何も見つけれなかった。

 

何度も、A08-63に行ったことがあるのにです。

 

オジサンたちの能力が低いから見つけることができなかった?

 

シェルターのシーンを見る限りでは、

 

オジサンを含め年長者は何人もいます。

 

高級農園であるGFとGBに大きな能力差があるとは思えません。

 

何度も、何度もそこに行っているのにです。

 

しかも、ひとりではなく、何人もで…。

 

とすれば、なぜ見つけられなかったのでしょうか?

 

B06-32地点ではキーワードを入れることで、

 

シェルターの位置が地図として表示されました。

 

(参考:B06-32シェルターの全体像を考察

 

当然、GBの子供たちも同じことを試みたはずです。

 

A08-63にいき、そこに表示された指示に従いキーワードを入れた…

 

いえ、もしくは、キーワードを入れることすらできなかったのかもしれません。

 

とにかく、そこでは何の発見もなかったのでしょう。

 

それは、ミネルヴァの意図ではなく、

 

なにか足りなかったか、場所が違っていた。

 

と考えるべきです。

 

明かされるA08-63の秘密 を考察

ここまででA08-63には七つの壁に繋がるヒントがあると予想してきました。

 

しかし、「G」ではじまるを考察であらたに、

約束のネバーランド考察:Gではじまる を考察

Gではじまる を考察 次々と判明する高級農園。   それにはある共通点がありました。   高級農園にはGがつく を考察 Grace=Field(グレイス=フィールド)   ...

続きを見る

 

A08-63はそのネーミングであるGPから高級農園の可能性が出てきました。

 

エマのさらわれた場所は意外にも人間の居住区のような

 

町の姿をしていたことからもその可能性が高まります。

 

しかし、おかしなのはこの町はお祭りのような装飾が施されています。

 

風船やモール、旗など…

 

詳細は…本章内 「ここはどこ?」を考察 を参照してください。

約束のネバーランド考察:ここはどこ? を考察

ここはどこ? を考察 エマが気づいたとき、エマは町にいました。   その町は風船やバルーン、旗で装飾されていました。   エマは確実にさらわれました。   ですから、そこ ...

続きを見る

 

ミネルヴァの意図 を考察

A08-63にはシークレット・ガーデンと呼ばれる猟場がありました。

 

最大の疑問…それはなぜ、ミネルヴァはここに来いと指示したのでしょう?

 

ミネルヴァが本当に人間側であれば、

 

例えそこがシークレット・ガーデンだとしてもGBの子供たちが

 

なにかを見つけられなかったという仮説は成立するかもしれませんが、

 

もし、ミネルヴァが鬼側であり、密猟者と結託していたら…いいえ

 

その割には手が込みすぎています。

 

シェルターまで作って、そこからさらにA08-63 まで誘導するのは

 

むだが多すぎると思います。

 

では、ミネルヴァが本当に指し示すものは何でしょう。

 

そのヒントはB06-32シェルターの武器庫にあるのではないかと思います。

 

ミネルヴァはA08-63 GPに猟場があることを知っていたのではないでしょうか。

 

そしてそのためにはソンジュが言っていたように

 

なるべく鬼と遭遇しない。逃げる。それが得策。

 

まずは鬼の弱点を知ること。そうすれば野良鬼を変形させることなく殺せる。

 

つまりは密猟者たちに見つかり確率がぐっと減る。

 

だから、武器を見つけにくくした。

 

A08-63 GPを何度か目指すうちにこれらのことを学習し、

 

その後、武器を見つければ

 

鬼の弱点を知っているから再生させることなくA08-63 GPに辿り着ける

 

そう考えたのではないでしょうか。

 

そうして、密猟者に知られることなくGPに辿り着いたなら、

 

なにかヒントをA08-63に残した。もしくはA08-63の破壊を望んでいた。

 

現時点ではミネルヴァがヒントを残しているということです。

 

A08-63 GPもミネルヴァが用意したシェルターでそこに秘密の部屋か大きなヒントがあるのではないかと思います。

 

武器庫のことも考えると、A08-63のシェルターを作ったが、

 

そこは何らかの理由でそこに密猟者が巣くった。

 

しかし、どうしたもそこにヒントを残す必要があったか、壊滅を願った。

 

無料試し読みOK!

「約束のネバーランド」を読むなら

今回紹介した

「約束のネバーランド」が安く買える^^

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんがおすすめです。

 

メールアドレス か yahoo japan ID で

 

すぐに無料会員になれます^^

 

そのほかにも お得なイベントがたくさんある サイトなんです。

 

イーブックジャパンのお得なイベント

今週の無料のまんが:いま話題の本が無料で読めちゃいます^^

 

キャンぺーン一覧:漫画の割引販売です!電子書籍だから新品です^^

 

イーブックジャパンの本棚はこちら^^

イーブックジャパン 50万冊のラインナップ

 

BL系LP

 

TL系LP

 

マンガ雑誌LP:これならもう読み捨てることもないね!

 

メディア化作品特集

 

会員登録も月額会費も¥0^^

私のサイトからも多くの方が、

 

イーブックジャパン(ebookjapan) さんで

 

本を購入されています。

 

いつでもどこでも読めて

 

雑誌もいつまでも保存できるからかさばらない^^

 

17年の老舗170万ユーザーがいる安心のサイト。

 

会員登録も月額会費も¥0だよ!

 

試し読みはこちらから

 

「約束のネバーランド」安く買える^^

 

会員登録はこちらから

 

会員登録はこちらから^^

 

-約束のネバーランド(大考察)
-,

© 2020 Manga-ya 漫画屋