「残夢 ~LABYRINTH~」 ネタバレと感想:恐怖の連続殺人。それは序章でしかなかった…

投稿日:2018年2月11日 更新日:

椅子に胴体をぐるぐる巻きに縛られ、くちにガムテープを貼られている女性がいる。

 

その目は、恐怖のため大きく見開かれている。

 

左足には手錠がかけられている

 

しかし、右足は太太ももで 切断サレテイル

 

テーブルの上には、90度に曲がった足が置かれている。

 

恐怖、恐怖、恐怖(><)

 

なんだぁ~~~この恐怖…許してくれい===

 

 

「彼女たちが…七女神(セブンミューズ)のメンバーだ」

 

髪をポニーテールにし、ビキニ1枚だけのほぼ全裸の男はそう言った。

 

なんのことだ (@@;

 

いや、その前にこいつど変態か^^;

 

恐怖の猟奇殺人があなたを凍り付かせる…

 

 

残夢 ~LABYRINTH~ は、こんな漫画です

残夢は萱島雄太先生の、サスペンス・ホラー・ミステリーです。

 

プロローグから衝撃的な映像が飛び込んできます。

 

変態男に監禁女。それは凄惨(せいさん)な殺戮(さつりく)です(><)

 

まるで、映画を見ているかのような描写、セリフ、コマ割り、テンポなど、まんがとして読み手ものことをとてもよく考えてあると思います。

 

この数ページによってマカオンは一気に引き込まれました。

 

それは一体何が起こっているんだ?

 

なになに、なに~~~?って感じです。

 

ただグロイだけの漫画と言えばそうでもありません。

 

はじめにも言いましたが、サスペンスとミステリー漫画ですからその面白さもきちんとあります。

 

登場人物たちも不思議な顔ぶれです。

 

変態男に刑事。そしてマジシャン。

 

登場人物

三吉 良光(みよし よしみつ)

芸能オフィスのスカウトマン
事件前に被害者に接触していたことから警察にマークされる。

 

狭間(はざま)

2年目の刑事
正義感が強い。
未だ、死体に慣れていない。
淀渕とコンビを組む。

 

淀渕(よどぶち)

年配の刑事。
ベテランらしい深い考察で犯人を絞りこむ。

 

沼長

20年前の奇形体事件に関わっていたベテラン刑事

 

ネタバレと感想

(♪ ♬ …)
「いい曲だろう?」

 

ビキニ1枚のほぼ全裸で踊りながら、ポニーテールの男は言った。

 

ここだけみると、確実に変態^^;

 

誰に言ったのかというと、くちにガムテープを貼られている女性だ。

 

男はポーズをとって、

 

「ここのサビ手前の歌詞なんだけど…」

 

「『秘密を守れずごめんなさい』より、『真実を知るのはあなただけ』…のほうがいいと思うんだけど、君は…どっちがいいと思う?」

 

5人目…

そこには、椅子に胴体をぐるぐる巻きに縛られ、

 

右足を太太ももで 切断されている女性がいる。

 

そしてテーブルの上には、その女のものと思われる、90度に曲がった足が置かれている。

 

ビビりのマカオンはこのプロローグだけで怖くなっちゃいました^^;

 

おわかりかと思いますが、この変態男が女性を監禁して、

 

右足の太ももtから切断した ってことです。

 

それに変態男の歌詞をリフレインしてみてください。

 

『秘密を守れずごめんなさい』
より
『真実を知るのはあなただけ』

 

この状況を物語ってると思いませんか?

 

この男、歌詞を作るために殺人をしているのか?

 

その女性は死体として発見された。

 

被害者は若い女性。殺害後に全身をバラバラに…

 

連続バラバラ殺人事件

警察の捜査によると

 

バラバラ事件はこれで3件目。

 

しかも、必ず、身体の一部が見つかっていないという。

 

胸、腰、右足。

 

その理由を考えていた刑事の狭間は、ある少女と出会った。

 

その少女はマジシャン

 

さらに訳が分かんなくなってきた。

 

変態男に、被害者、刑事にマジシャン?

 

まだ、点でしかないね。

 

これが繋がっていくのは快感にも似た謎解きだよね^^

 

しかし、なぜ?一体なののために?

 

変態野郎は身体の一部をどうしようというのでしょう(@@;

 

マカオンにはさっぱりわかりません。

 

というか、嫌な予感しかしない。

 

6人目

♬真実を知るのは ♪あなただけ

 

この歌詞、前回の殺人でどっちにしようかって言ってたパート⁉

 

まさか、殺人毎に作詞もしてるの?

 

器用というか^^;おそろしいというか、間抜け?みたいな^^;

 

七女神? いま5人…ということは…

 

そう歌いながら。

 

変態男は、前の女性と同じように椅子にぐるぐる巻きに縛られた女性の

 

左腕を金ノコで切り取った

 

七女神(セブンミューズ)

「彼女たちが…七女神(セブンミューズ)のメンバーだ」

 

「左足担当はおちゃめなリサ」
「右足担当は甘え上手なシノブ」
「セクシーな胸担当レイミ」
「気配り上手な腰担当アヤ」
「そして、目立ちたがりな右腕担当ユカコ」

 

これってまさか…これまで殺害してきた人たちの名前?

 

6人もぉ~? しかもみんな女性だ。

 

この男、これまで猿害してきた6人の身体から切断した、腕、胴、腰、足を繋ぎ合わせて

 

一人?1体?の人形を作っている。

 

その肢体で作られた人形は、七女神(セブンミューズ)と呼ばれ、

 

両手と胴体と腰、そして両足に縫合の後がある。

 

その身体は両手区部と胴体を鎖に唾がれ、天井から吊るされている。

 

殺人現場、いや、解体部屋?に悲鳴がこだまする。

 

残るは…あと一人。首さえ見つかれば…

 

こいつ目が怖い…確実に逝っちゃってる ^^;

 

被疑者

被害女性はみんな三吉に声を掛けられていた。

 

しかし、彼女たちは写真を見る限り、すべてアイドルというには系統が違う顔立ちだ。

 

では、なぜスカウトマンの三吉は彼女たちに声をかけたのか…?
思わぬところから変態男の糸口か?

 

「刑事さん、もしかして…僕のこと疑ってます?」

 

いやー、わかりました^^?

 

もちろん疑ってますよー。

 

「声をかける基準は?」
「はァ? 全然よさげな子じゃないですか」

 

ふふふ、語るに落ちたな!

 

あやしさ満点だぜ。

 

しかし、証拠がない(><)

 

「いい線いってたよ、刑事さん。だけど、一足遅かった」

 

そういう三吉の車のトランクにはマジシャンの少女が…

 

彼女がスカウトされたと聞いた狭間。

 

変態男が、金ノコを手にしている。

 

例の歌をくちずさみながら…

 

いよいよ、首デビュー

 

あらたなる恐怖

嬉しそうな男の声
その時…

 

(クスクス…)

(ククッ…)

(フフフッ)

 

首のない、死体を繋ぎ合わせた七女神が笑い出した…

 

お”お”お”ぉ~~~~なんという恐怖(><)

 

なぜこんなことが…

 

七女神の正体は…

 

一体、少女はどうなる…

 

これはプロローグにしか過ぎなかった

しかし、大どんでん返しがある。

 

本当の恐怖は始まってもいなかった

 

その真実の恐怖とは…

 

今後の展開

この「残夢」には「LABYRINTH」というサブタイトルがつけられています。

 

それこそが本当の謎であり、恐怖でした。

 

変態男の三吉は単なるプロローグでしかなかったことにほんとに驚きました。

 

マカオンはこの変態男と警察の攻防かと思っていましたが、

 

決してそうではありませんでした。

 

その後ろにさらに大きな謎と影がひそめいていました

 

その謎に入り込もうとする狭間を淀渕は制止します。

 

警察内部でも何か秘密があるんですね~

 

三吉の事件がどう広がっていくのか?

 

なぜ、淀渕は制止するのか?

 

沼長は何を知っているのか?

 

そして、サブタイトル「LABYRINTH」にはどんな意味があるのか…

 

読んでみてとてもおもしろい漫画です^^

 

Pocket

-ホラー, サスペンス, 女性・BL・TLマンガ, 少年・青年マンガ, 残夢
-, , , ,

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2018 All Rights Reserved.