テラフォーマーズ

投稿日:2017年7月31日 更新日:

Ⅲ テラフォーマーズってどんな漫画? Ⅲ

西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。彼らは特殊任務を帯びていた。火星で彼らを待つ想定外の進化を遂げた生物とは一体何なのか?彼らはどうやって対抗するのか?また地球では各国の思い暗躍する。

Ⅲ テラフォーマーズのおもしろさ Ⅲ

この作品の面白さは
興奮の王道戦闘漫画であるが必殺技がこれまでの戦闘漫画と一線を画く。
驚きなのは敵がなんとあの昆虫である。
各国の想いが暗躍する会議室の攻防
仲間と家族を思う気持ちに涙する。
早いストーリー展開でテンポの良い展開
ではないでしょうか。

Ⅲ 興奮の王道戦闘漫画であるが必殺技がこれまでの戦闘漫画と一線を画く Ⅲ

漫画の王道と言われるのは戦闘漫画である。テラフォーマーズも王道である。
戦闘漫画の必殺技と言えば、なんとかビームとか、なんとかキックである。
その前に変身するのも鉄板パターンだ。
確かにテラフォーマーズも変身はするのだがそれが昆虫や動物なのだ。
昆虫はその大きさを人間に換算すると世界最大級の能力を持つものが多い。
テラフォーマーズの戦士たちはその能力を持つことができるのだ。
ピンと来ないかもしれないが、たとえばカブトムシは自分の5倍の重量物を聞くことができるパワーの持ち主だ。
あなたは自分の体重の5倍の鉄の塊を引くことができるだろうか?
そうするとこの能力の素晴らしさが分かると思う。
つまりカブトムシvsクワガタみたいに、戦士たちが様々な昆虫の能力で戦い合うのだ。
異種格闘技戦みたいな戦いもある。
おもしろいだけでなく昆虫にも詳しくなれる王道漫画だ。

 

Ⅲ 驚きなのは敵がなんとゴキブリである Ⅲ

この昆虫戦士たちは何と戦っているのだろうか?
それはゴキブリである。
えっ?と想われる方もいるかもしれないがもちろんただのゴキブリではない。
(いやいや普通のゴキブリでも十分怖いが…)
タイトルにもあるテラフォームとは惑星環境変化を意味する。
この作品の設定は火星を人類が住める環境にテラフォームすることだ。
その目的のためにゴキブリも火星に持っていき繁殖させたのだ。
強い生命力、硬い身体、素早い動き、高い繁殖力…ここだけみるとなんかすごく強そうな生命体に見えてしまう。
そんなゴキブリはなんと意外な進化を遂げることとなった。
果たしてゴキブリたちはどんな進化を遂げたのか?
そしてテラフォーマーズはゴキブリたちに勝てるのだろうか?

Ⅲ 各国の想いが暗躍する会議室の攻防 Ⅲ

戦いは火星でゴキブリ相手にだけ行われているわけではない。
テラフォーマーズは各国選抜の訳ありの人間が手術を受け火星に送られる。
当然各国の思惑がそこにあり、新天地火星ではかなりの利権争奪縁が発生する。
それを指示しているのはっ地球にいる政治家連中だ。
彼らはこの表向きは地球選抜として団結しているように見えて利権のために時には見方、ある時は敵として攻防を繰り広げている。
敵は本当にゴキブリなのだろうか…

Ⅲ 仲間と家族を思う気持ちに涙する Ⅲ

先ほどテラフォーマーたちは訳ありと述べた。
彼らはすべて成功率30%の手術を受けている。ほとんど死亡するような手術だ。
こんなハイリスクな手術をあなたなら受けるだろうか?
余程火星好きか宇宙に行きたい人でなければあり得ないだろう。
そこが訳ありの理由だ。
そう、彼らは手術を受けなければいけないような理由がある訳だ。
危険な手術を受け、ゴキブリと命を懸けて戦う理由。
愛する者の命を救いたい。そこにはテラフォーマーひとりひとりのドラマがある。
彼らは異性の地で自分の命を懸けて愛する者の命を救わんとする。
彼らに一体何があったのか…

Ⅲ 早いストーリー展開でテンポの良い展開 Ⅲ

最近の漫画は全般的にストーリー展開は早くなっていると思う。
テラフォーマーズは内容が濃いというか展開が早いと感じる。
mioはアニメを見てから原作を読んだのだが、漫画から入るときは読み込むスタイルになると思う。
正直なところ1巻は絵物語かと思うほど文章がおおかった。
逆に言えばこれはそれだけ読み応えのある漫画だと思う

 

teraformers

teraformers
0
Pocket

-未分類

Copyright© Manga-ya 漫画屋 , 2018 All Rights Reserved.